映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ASSAULT ON PRECINCT 13 *アサルト13 要塞警察*
2005年/米
監督 :ジャン=フランソワ・リシェ
CAST:イーサン・ホーク、ローレンス・フィッシュバーン、
    ジョン・レグイザモ、マリア・ベロ、ガブリエル・バーン、
    ドレア・ド・マッテオ、ブライアン・デネヒー

assault13.jpg
<STORY>
雪の舞う大晦日のデトロイト。潜入捜査の失敗によるトラウマから内勤に就いている元麻薬捜査官ジェイク・ローニックは、老朽化のため年内で閉鎖予定の13分署で残務処理を行っていた。TVでは暗黒街の大物マリオ・ビショップの逮捕が報道されている。そんな折、囚人護送中のバスから、吹雪で進めないので13分署に一時避難させてくれとの無線が舞い込む。バスに中には話題の大物ビショップの姿があった。一抹の不安を覚えつつ囚人たちを拘留するローニック。その不安は的中する。ビショップの命を狙って何者かが署内に侵入してきたのだった・・・。

<感想> 評価 ★3.5
期待しないで見たのが良かったらしい、なかなかおもしろかった。 この作品は'76年ジョン・カーペンター監督の「要塞警察」のリメイク版らしいが、私は元を知らないので、イーサン主演作品として観た。(私はイーサンファン)予備知識なしで見ても状況把握でき、楽しめと思うのでこれから観られる方は予備知識ゼロで観て欲しい。 storyはありがちで意表をつくものではないが、人の殺され方が割りと意表をつくので(おぉー)っと言う感じはある。また、極限状態で既に裏切られた状況下、仲間・囚人の誰を互いが信用・信頼するのか?騙されないぞっと思いながら見てしまったが少々ヤラレた。

映画冒頭、最近のイーサン映画にありがちのハイテンションでまくし立てる場面で始まる。 (なーんだ、またこのしゃべりまくるパターンかよ、イーサンは無口で表情で演技する方が好きなのにな)っと思ったが、後半はとっても魅力的なイーサンを見れる。いい俳優になってきたぞぉ。 また、この映画のもうひとつの楽しみ方は懐かしい俳優が出演しているところかも知れない。ローレンス・フィッシュバーン=「マトリックス」のモーフィアス!だが本作品でも暗黒の世界に君臨するビショップをクールに演じている。他に、ヤク中の囚人役はジョン・レグイザモ。「ロミオ+ジュリエット」でレオの敵対関係にあってティボルト役だったし、1番の<悪>だった警察官を「ゴースト・シップ」のガブリエル・バーンが演じている。久しぶりで懐かしかった。 

more

 
スポンサーサイト

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。