映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
THE CORE  *ザ・コア*
2003年/米
監督 :ジョン・アミエル
CAST:アーロン・エッカート、ヒラリー・スワンク、
    デルロイ・リンド、スタンリー・トゥィチ、
    チェッキー・カリョ

core[1]
<STORY>
不思議な現象が地球上で多発していた。
科学者たちは地球の中心である核(コア)が停止しかかっていることを発見。
金属でできているコアは、地球の自転でダイナモのように発電して、強い磁場を地球の周りに発生させ、
太陽や宇宙からの有害なイオン粒子から地球を守っている。
もしコアが停止したら、それは人類が一年以内に滅亡することを意味していた。
残された唯一の方法は、地下1800マイルへと潜ること。果たして人類の未来は?
<感想> 評価 ★3
人類の滅亡の危機を描いた映画はたくさんある。有名なところで巨大彗星が地球に衝突する恐怖「ディープインパクト」無数の隕石が地球を壊滅させる恐怖「アルマゲドン」巨大竜巻が襲う「ツイスター」マグマが噴き出すパニックもの「ボルケーノ」e.t.c
同じジャンルの地球滅亡パニック映画である「ザ・コア」地球の中心の核(コア)が停止すると1年以内に人類が滅亡すると言う設定。とうとう核(コア)まで来ましたか?っと言う感じ(笑)またもや核弾頭を仕掛けてコアを動かすと言う。
アメリカって核を良いモノと扱ってるんだよなぁ~(アルマゲドンもそうだったよ~な)
文句言うなら見るなと言う話だが、私はこの手の映画が好きじゃない。

過去に人類は地下にある核まで到達したことはない(と、思う)
それ故に、架空の設定としか思えず、バージル地中探査船がコアへと潜っていく映像も(CGだしぃ)と言う感覚が抜けなくてワクワク感がゼロ↓だった。アルマゲドンは親子愛で泣かせてくれたが任務に責任を感じ、最後まで人類の為に遂行しようとする姿勢は胸を打つが・・・だからってイマイチ。
親子愛でも感動できず、CGの凝った映像にはもう慣れっこで、どうにもイマイチな映画としかいいようがない。
 
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。