映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
SWEENEY TODD :THE DEMON BARBER OF FLEET STREET
 * スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師*

2007年/米
監督 :ティム・バートン
CAST:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、
    アラン・リックマン、ティモシー・スポール、
    サシャ・バロン・コーエン、ローラ・ミシェル・ケリー、
    エド・サンダース、ジェイミー・キャンベル・バウアー 

sweeney.jpg
<STORY>
19世紀のイギリス。タービン判事の愛欲のために無実の罪で投獄され、妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。ミセス・ラベットの協力を得て15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振るい始めるが、彼は目に狂気を宿らせながら、かつて自分を陥れた男への復讐の時を待っていた。
<感想> 評価 ★4
本作品はブロードウェイの舞台ミュージカルを映画化した作品。だから完全なミュージカル映画です。
ミュージカルだけは絶対ムリと言う方はジョニデだからって見ない方が無難かも。
歌詞の8割は歌です、歌!とは言え、声量と美声を聞かせるのではなく、セリフのように気持ちを乗せて語るように歌われるので「オペラ座の怪人」とは違うタイプに仕上がっています。
映像もT・バートンらしく色彩を退色させたモノトーン風。この色調が薄気味悪さをより増幅。青みがかったその映像の中に血の<赤>だけが鮮明に印象づけられます。その上、怨念に駆られた顔相のトッドとミセス・ラベットが独特の薄気味悪さ。奇妙な空気を作っていきます。
単純なStoryだし、映画のはじめの方で背景が理解できるように説明されているのでその点は問題なし。
ミュージカルとは言え、笑顔が全くないトッドが、シャキーンって感じで客の喉をかっ切る映像は何度出てきても、わかっていても直視できませんでした。噂通り、R15は納得の血しぶきがドビューンと飛び散る。
スプラッターホラーと微妙に違うのは<血>が明らかにまがい物だとわかるリアル感がないことぐらい。この作り物の血とわかる設定が成功してるからミュージカルとして楽しめるんだと思う。
怪優:ジョニデはどっぷりスウィーニー・トッドでした。彼はどの役をやっても過去の作品とはダブらない新鮮なジョニデを見せてくれます。素晴らしい俳優です。
また、今回は全配役がピタッとくる設定、素晴らしい配役です。
妻役のローラ・ミシェル・ケリーは英国で人気の歌手。ミュージカル舞台の経験も持つようです。

見終わってから「なかなか良かったかも」と思う作品でした。
私は、ミュージカル大好き。観劇大好きなんで、この作品を見ながらブロードウェイミュージカルの演出はどうだったんだろ?劇団四季がするとしたらどうなるんだろ?宮本亜門さんが市村正親さんをトッドにして舞台をするけど血の演出はどうするんだろ?とかそんなことばかり考えてました。
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。