映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
SAW *ソウ*
2004年/米
監督 :ジェームズ・ワン
原案・脚本:リー・ワネル
CAST:ケアリー・エルウェズ、ダニー・グローバー、
    モニカ・ポッター、リー・ワネル

saw.jpg
<STORY>
老朽化したバスルームで覚醒する2人の男、アダム(リー・ワネル)とゴードン(ケアリー・エルウェズ)。どちらも片足を太い鎖でパイプに繋がれ、身動きがとれない。部屋のほぼ中央には、頭部を撃ち抜いた死体が転がっている。全くの不可解な状況で彼らに与えられたのは、テープレコーダーとテープ、一発の弾丸、タバコ2本、携帯電話、2本のノコギリ。テープを再生すると、生き残りたければ、6時間以内に相手を殺さなくてはならないと告げる声が。いったい誰が何のために?そして、なぜ、彼ら2人なのか...。
<感想> 評価 ★4.5
映画のコピーは「セブンより怖い、CUBEよりおもしろい」だと言う。
雰囲気的にはコピーのごとく「CUBE」「SEVEN」「es」系列。好みの密室・猟奇殺人・錯乱状態。
この映画、オーストラリア出身のジェームズ・ワン監督と俳優であり原案・脚本を書いたリー・ワネルふたりが中心となり低予算映画で仕上げたと言う点では良くできているし、次作を期待できる作品だと思う。

以下ネタバレ含む為 注意


最初から最後まで漂う空気は<緊張感><錯乱←→狂気><死の恐怖>登場人物の全員が死の恐怖に囚われる。全て限界状況の異常な心理におかれている。
しかし疑問は残こる。なぜ、盗撮写真家のアダムが、ゲームの駒に選ばれたのか?また拉致される時に自室で見つけた腹話術の人形を見て恐怖に囚われ人形をたたきまくったり、死んでいたはずの死体のジョンが起きあがり素顔を見せた瞬間の驚きは「死んでいたはずの人が生きていた」だけの驚きでなかったように感じ、すっきりしないまま終わる。
最後に映画タイトル「Saw」について。見終わって知ったのだけれど名詞のジグゾーパズルの中の「jigsaw puzzle」かはたまた「saw(鋸)」の意味あろうと思っていたのだけれど、監督のインタビュー記事を見たところ、「see(見る)」の過去形「saw」だと言う。これだけでやられた!っと思ってしまった。  
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。