映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
BROTHERHOOD  * ブラザーフッド *
2004年/韓国
監督 :カン・ジェギュ
CAST:チャン・ドンゴン、ウォンビン、イ・ウンジュ 

brother_h.jpg
<STORY>
1950年、ソウル鐘路(チョンノ)の路地裏。ジンテ(チャン・ドンゴン)は父亡き後、苦しい家計を支えながらも愛するヨンシン(イ・ウンジュ)との結婚、大切な弟ジンソク(ウォンビン)の大学進学のために懸命に生きていた。
運命の日、6月25日。南北戦争が勃発。平和だったソウルの街は一瞬にして修羅場と化する。ジンテら家族は避難列車に乗るために駅へ向かうが辿り着いた駅で、ジンテとジンソクは軍人達により強制徴用され、軍用列車に乗せられてしまう。平穏な日常から、生死が行き交う戦場に放り込まれたジンテとジンソク。二人は訓練を受ける余裕すらなく、韓国軍最後の保塁である洛東江(ナクトンガン)防御線に実践投入される。38度線を越えた朝鮮人民軍は、ソウルを陥落させて怒涛の進撃を続け、韓国軍を朝鮮半島の南端に追い詰めていた。絶え間ない砲撃にされされ、塹壕の中を逃げ惑う韓国軍の兵士達。まさに地獄絵図。弟ジンソクと同じ小隊に配属されたジンテは、ジンソクの召集解除を求めて大隊長に会いに行く。大隊長との面談を通じて、弟を除隊させるために何をしなければならないかを悟ったジンテは、弟を救うために銃を取り英雄になることを決意。ジンテは銃を取り、変貌して行く。しかしジンソクは、そんな兄の想いを知る由もなかった…。
<感想> 評価 ★3
最近の韓国映画には勢いを感じる。迫力のある映像、リアルさ、伝えたいことがある、伝えておきたいものがあるんだと言う監督と俳優人の意思を感じる。「ブラザーフッド」は、まさにそんな映画だった。映画を観て感じたことの1つに韓国人の感性は日本人と微妙に違う部分と近い部分が混在しているんだなと言うこと。韓国VS北朝鮮、それは同胞同士が「アカ」と殺し合うものだ。それは情けなく虚しくなった。韓国人はこの映画を観てどう思ったのだろうか?
映像はリアル。想像以上にエグいシーンもあり途中気分が悪くなってしまったし、疲れた。
戦争映画を観ていつも思う。どんな思想があれ、最初は戦いに無理矢理意味を持たせていても、戦争は人を憎み、殺しあうこと以外にない行為。戦いが長くなればなるほどに身体も精神も疲れ果て人を変えていく。極限の中に戦争の意味、思想などは『無』でしかないと。
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。