映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
MARIE ANTOINETTE *マリー・アントワネット*
2006年/米・仏
監督 :ソフィア・コッポラ
CAST:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン
    ジェイミー・ドーナン、ローズ・バーン、
    シャーリー・ヘンダーソン、リップ・トーン、
    ジュディ・デイヴィス 

marie_w.gif
<STORY>
オーストリア皇女マリー・アントワネットはオーストリアとフランスの国交のために14歳で政略結婚のためフランスに嫁いだ。夫のルイ16世は幼さのあまりか性的にマリーに関心を示してくれず世継ぎ問題でひとり苦悩する。そんな折り、天然痘でルイ15世が早くも崩御。若くして国王と王妃となってしまう二人。しかし、そのころ、フランスが財政難に陥り始めていた。
<感想> 評価 ★3.5
CM予告ではローリーポップでガーリー。ピンク♪イメージの作品だったが、実際は意外にも歴史背景を踏まえ、マリー・アントワネットと言う女性をありのまま描いた作品だった。

マリー・アントワネットについては歴史に忠実に作品化された、コミック「ベルサイユの薔薇」が有名。私も子供の頃、コミックにハマり全巻読破した。
本作品も「ベル薔薇」の知識と同じ展開をしていく。違うのはマリー・アントワネットを豪遊しフランス国民を苦しめた女王としてではなく国を背負って嫁ぎ、夫や宮殿の生活に苦悩するひとりの女性として描いているところだろう。
「ベル薔薇」のおかげで時代背景・人間相関図は説明されなくても十分理解できる分楽しめた。私はキャストも成功してると思う。
賛否両論、むしろマイナスな評判を聞く作品だが「ベル薔薇」好きな人はそれなりに楽しめると思う。
もちろんこの作品でマリー・アントワネットを理解できるとか、これが歴史だ!とは言えない作品ではあるが。
でも、文句も1つ。フランスの話を英語で制作するのはおかしいだろ?素晴らしい歴史建造物:ヴェルサイユ宮殿での英語は違和感があります!
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。