映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
 0:34   *零時34分*
2005年/英・独
監督 :クリストファー・スミス
CAST:フランカ・ポテンテ、ヴァス・ブラックウッド、
     ショーン・ハリス

034.jpg
<STORY>
ロンドンの地下鉄チャリング・クロス駅。電車を待つ間にベンチで気づかないうちに寝てしまったケイト。深夜0:34の最終電車に乗り遅れた上に出口から締め出され、途方に暮れる。そんな時、ケイトの前に無人の列車が到着。思わず乗り込むケイト。その時、いつもの地下鉄の駅が、無限に広がる地下迷宮へと変わる-。突然、列車が停車し驚いた彼女が目にしたのは運転手の惨殺死体だった! 助けを求めた警備員が、駅で暮らす若いカップルが、次々と断末魔の叫びと共に闇へと消えていく。‘何か’がいる・・・。 そして、ついにケイトがその真実を目撃する時、今までの恐怖が序章に過ぎないことを知る・・・。

<感想> 評価 ★3
殺人鬼系ホラー映画。前半1/3、閉じこめられた地下鉄構内から出たいとホームレスのカップルや警備員に助けを求めるが彼らが次々に何者かに殺害されていく。<何か>に追われ、殺される恐怖でケイトは迷路のような地下鉄構内を逃げ回る。その中を猛獣のような異様な叫び声が響き渡る。怖くて心拍数がドンドン上昇。で、その恐怖の正体は殺人鬼となる。
私の感想は後半失速したなと言う感じ。前半あれだけ怖がらせて出てきた殺人鬼が意外に弱いタイプなのが残念。殺人鬼ものが好きな人は楽しめるかも。

 以後、ネタバレ 




映画の後半、地下鉄構内から続いてる場所にナゼか手術室が出てくる。(ナゼよ?)の疑問は我慢して見る。殺人鬼の生い立ちに関わりがあった様子が推測される。が、結局詳しいことはわからないまま映画終了。
最後まで正体不明のままにするなら、中途半端に背景を明かすような映像は要らなかったんじゃないかと思う。
単純に地下鉄構内に潜む殺人鬼だけで良かったんじゃないかな。見終わってから思うに、殺人鬼:グレイクはの父親は産婦人科の医者で中絶手術を専門にしてたのかな?で、殺人鬼は奇形児が大人になった状況?と思った。
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。