映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
Les Miserables *レ・ミゼラブル* 

2012年 / 米・
監督:トム・クーパー
CAST:ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、
     ラッセル・クロウ、ヘレナ・ボナム=カーター、
     エディ・レッドメイン、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス
     アーロン・トヴェイト

les_misera.jpg

<STORY>
ジャン・バルジャンはパンを盗んだ罪で19年間服役後仮出獄するが、格差と貧困にあえぐフランスで仮出獄中の彼に仕事はなく、寒さと空腹で死んでしまいそうだった彼を司教が慈悲の愛で助けた。しかし、バルジャンはその慈悲深い愛にさえもあざむき、教会の銀食器を盗み出す。ほどなくして捕まった彼に司教は「それは彼にあげたものです」と再び慈悲をお与えになる。司教の深い慈悲に触れた彼は、身も心も生まれ変わろうと決意、過去を捨て消える・・・。それから8年後、マドレーヌと名前を変え、工場主として成功を収め、市長の地位に上り詰めたバルジャンだったが、警官のジャベールが、マドレーヌ市長をバルジャンではないかと疑いはじめ、執拗に追いかけはじめる。そんな中、以前バルジャンの工場で働いていたが解雇され、子どもを養うために娼婦となり身をやつしたフォンテーヌと出会う。しかし病に冒されたフォンテーヌは死の間際にバルジャンに娘:コゼットの未来を託くす。そんな時、とうとうマドレーヌ市長がバルジャンだったことが明らかになる時が来てしまう。ジャベールの追跡をかわしてパリへ逃亡。コゼットに限りない愛を注ぎ、父親として美しい娘に育てあげる。だが、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発、バルジャンやコゼットも次第に激動の波に呑まれていくのだった……。

<感想> 評価 ★5
観ている間も、見終わった直後も、そして時間が経った今でさえも余韻が醒めやらない。
本当にすばらしいミュージカル映画でした。

ヴィクトル・ユゴー原作「レ・ミゼラブル」は、1985年にミュージカルとしてロンドンで初演されて以来、全世界で上演され続けているミュージカルの金字塔作品です。
それを裏切らないミュージカル映画になっていました。

囚人として生きた男:ジャンバル・ジャンの生涯を中心に彼が関わる人々、彼を追い続ける警部:ジャベール、そして格差と貧困にあえぐ民衆が自由と希望を求めて立ち上がろうとしていた19世紀のパリを舞台に壮大に描かれています。
制作陣がこだわったとされるのが、すべての歌を実際に歌いながら生で収録する撮影方法。
その手法がすばらしく、歌唱シーンでは、CASTの感情がそのまま伝わり、生のミュージカルを観ている錯覚を起こすほどの臨場感。すばらしいです。

時間が経過した今は時代背景もあるのでしょうか?自由と希望を手に入れるために革命を志す学生たちが蜂起する暴動の熱さ。彼らの情熱と革命のために散ることとなる命の重みを思うだけで苦しくなるほどです。
「民衆の歌」で表現される革命のシーンは心が揺さぶられました。

ほかの曲も逸品ばかりです。
スーザン・ボイルが歌ったことで有名となった「夢やぶれて」をアン・ハサウェイが熱唱します。こんな深い歌声がアン・ハサウェイから聞けるとは思ってもいなかったので、感動でした。
バルジャン役のヒュー・ジャックマンも、すばらしい歌声で深みがありました。
また、バルジャンを追い続けるジャベール役のラッセル・クロウ。彼の歌声も想像以上でした。
ジャベールと言うと悪者のように思われがちですが、そうではなく、「正義を貫く」ことを自分の誇りとしている故に、苦しむと言う表現がされていて良かったです。
マリウスを密かに愛するエポニーヌ。心の孤独とせつなさを歌いあげる「オン・マイ・オウン(On My Own)」は絶品でした。
書き綴ったらキリがないほどです。
よって個人的意見ですが、
エポニーヌ役のサマンサ・バークス、彼女の歌声に感動しました。
そしてアンジョルラス役のアーロン・トヴェイト!良かったです。
このようにメインキャスト以外もすばらしかった故に、この映画が重厚感のある見応えのある作品になったのでしょう。

ミュージカルだからとか、むずかしそうだとか言わずにぜひ観てほしいです。
この作品の映画コピーがこれですが、まさしくこれが1番私も伝えたいことです。


生きるのが難しい時代だからこそ輝きを増す人と人の絆。誰かのために生きることの尊さ。困難に立ち向かっていく勇気と、希望を持つことの大切さ。それらを高らかに謳いあげた『レ・ミゼラブル』― いまの私たちが心から欲し、共感できる映画がここにある。

哀しみの中を生き抜いた彼らは、
希望を胸に明日へと進む


スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。