映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
Les Miserables *レ・ミゼラブル* 

2012年 / 米・
監督:トム・クーパー
CAST:ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、
     ラッセル・クロウ、ヘレナ・ボナム=カーター、
     エディ・レッドメイン、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス
     アーロン・トヴェイト

les_misera.jpg

<STORY>
ジャン・バルジャンはパンを盗んだ罪で19年間服役後仮出獄するが、格差と貧困にあえぐフランスで仮出獄中の彼に仕事はなく、寒さと空腹で死んでしまいそうだった彼を司教が慈悲の愛で助けた。しかし、バルジャンはその慈悲深い愛にさえもあざむき、教会の銀食器を盗み出す。ほどなくして捕まった彼に司教は「それは彼にあげたものです」と再び慈悲をお与えになる。司教の深い慈悲に触れた彼は、身も心も生まれ変わろうと決意、過去を捨て消える・・・。それから8年後、マドレーヌと名前を変え、工場主として成功を収め、市長の地位に上り詰めたバルジャンだったが、警官のジャベールが、マドレーヌ市長をバルジャンではないかと疑いはじめ、執拗に追いかけはじめる。そんな中、以前バルジャンの工場で働いていたが解雇され、子どもを養うために娼婦となり身をやつしたフォンテーヌと出会う。しかし病に冒されたフォンテーヌは死の間際にバルジャンに娘:コゼットの未来を託くす。そんな時、とうとうマドレーヌ市長がバルジャンだったことが明らかになる時が来てしまう。ジャベールの追跡をかわしてパリへ逃亡。コゼットに限りない愛を注ぎ、父親として美しい娘に育てあげる。だが、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発、バルジャンやコゼットも次第に激動の波に呑まれていくのだった……。

<感想> 評価 ★5
観ている間も、見終わった直後も、そして時間が経った今でさえも余韻が醒めやらない。
本当にすばらしいミュージカル映画でした。

ヴィクトル・ユゴー原作「レ・ミゼラブル」は、1985年にミュージカルとしてロンドンで初演されて以来、全世界で上演され続けているミュージカルの金字塔作品です。
それを裏切らないミュージカル映画になっていました。

囚人として生きた男:ジャンバル・ジャンの生涯を中心に彼が関わる人々、彼を追い続ける警部:ジャベール、そして格差と貧困にあえぐ民衆が自由と希望を求めて立ち上がろうとしていた19世紀のパリを舞台に壮大に描かれています。
制作陣がこだわったとされるのが、すべての歌を実際に歌いながら生で収録する撮影方法。
その手法がすばらしく、歌唱シーンでは、CASTの感情がそのまま伝わり、生のミュージカルを観ている錯覚を起こすほどの臨場感。すばらしいです。

時間が経過した今は時代背景もあるのでしょうか?自由と希望を手に入れるために革命を志す学生たちが蜂起する暴動の熱さ。彼らの情熱と革命のために散ることとなる命の重みを思うだけで苦しくなるほどです。
「民衆の歌」で表現される革命のシーンは心が揺さぶられました。

ほかの曲も逸品ばかりです。
スーザン・ボイルが歌ったことで有名となった「夢やぶれて」をアン・ハサウェイが熱唱します。こんな深い歌声がアン・ハサウェイから聞けるとは思ってもいなかったので、感動でした。
バルジャン役のヒュー・ジャックマンも、すばらしい歌声で深みがありました。
また、バルジャンを追い続けるジャベール役のラッセル・クロウ。彼の歌声も想像以上でした。
ジャベールと言うと悪者のように思われがちですが、そうではなく、「正義を貫く」ことを自分の誇りとしている故に、苦しむと言う表現がされていて良かったです。
マリウスを密かに愛するエポニーヌ。心の孤独とせつなさを歌いあげる「オン・マイ・オウン(On My Own)」は絶品でした。
書き綴ったらキリがないほどです。
よって個人的意見ですが、
エポニーヌ役のサマンサ・バークス、彼女の歌声に感動しました。
そしてアンジョルラス役のアーロン・トヴェイト!良かったです。
このようにメインキャスト以外もすばらしかった故に、この映画が重厚感のある見応えのある作品になったのでしょう。

ミュージカルだからとか、むずかしそうだとか言わずにぜひ観てほしいです。
この作品の映画コピーがこれですが、まさしくこれが1番私も伝えたいことです。


生きるのが難しい時代だからこそ輝きを増す人と人の絆。誰かのために生きることの尊さ。困難に立ち向かっていく勇気と、希望を持つことの大切さ。それらを高らかに謳いあげた『レ・ミゼラブル』― いまの私たちが心から欲し、共感できる映画がここにある。

哀しみの中を生き抜いた彼らは、
希望を胸に明日へと進む


 
スポンサーサイト

 

 

 

 
REQUIEM FOR A DREAM *レクイエム・フォー・ドリーム デラックス版* 
2000年/米
監督:ダーレン・アロノフスキー
CAST:エレン・バースティン、ジャレット・レト、ジェニファー・コネリー
    アーロン・ウェイアンズ

20100402_1524984[1]
<STORY>
コニー・アイランドの寂れた海岸。古びた煉瓦アパートに暮らす、孤独な未亡人サラ・ゴールドファーブ。彼女には心優しいひとり息子のハリーがいたが、ハリーは定職につかずいい加減な毎日を送っている。そんなサラの楽しみは、視聴者登場のバラエティ番組を見ながらチョコを食べること。ある日、1本の電話が。それは、ごひいきのテレビ番組への出演依頼だった。サラは、TV出演の為に赤いドレスを着ようとダイエットを決意する。一方、ハリーは恋人との新しい生活を夢見ているのに、一向にマジメに仕事をしようとしない。そのハリーに、友だちのタイロンが金儲けの話を持ってくる。それは「麻薬の売人」。その仕事で荒稼ぎをし、ふたりの未来のお金にしようと思い行動を起こすハリーだったが・・・。

<感想> 評価 ★3
「麻薬」をはじめ「中毒症状」で自分を見失い墜ちていく様をいろんなパターンで見せつける作品でした。
コレはぜひ中高大学生の「麻薬を使わない」と言う授業で見せるべき映画じゃないかと思います。立派な先生が多くを語るより、この映画1本で「クスリの恐ろしさ」は伝わるんじゃないかと思うほどのリアリティーです。

ネタバレあり

映画の中で、いろんなパターンのクスリへの入り方、堕落の仕方を描いてあります。
最初は気分をあげるだけの目的で軽くはじめるドラッグ。
それは「自らがハマるヤクの世界」です。
J・コネリー演じるマリオンは、最終的に”ヤク”がないと震えだし、イラつき、何も手につかなくなり、思考回路を停止させ、クスリを手に入れるためだけに、引き返せないような最悪な場所へと墜ちていきます。
ハリーは、ヤクを腕に注射したことで感染を起こし、腕を切り落とすことになります。
一方ハリーの母:サラは、「痩せるクスリ」と処方されたものが「麻薬」。
飲み続けることで、知らない間に中毒患者となってしまい、最後は精神病院へと送られることに。
自分がどのパターンになるかなんて、墜ちてたどり着かなきゃ想像もできないのだと映画は語っているようです。
自分でコントロールしていたつもりでも気がついたらクスリなしじゃいられなくなる「中毒」。それこそが麻薬の恐ろしさなのでしょう。
再犯率も非常に高い麻薬常習です。遊び感覚でも1度たりとも手をだしてはイケナイと言うことを伝えるべきです。これは良い教材じゃないでしょうか。
   

 

 

 

 
THE WRESTLER *レスラー*
2008年/米・仏
監督:ダーレン・アロノフスキー
CAST:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ
    エヴァン・レイチェル・ウッド
20100222_1461412[1]
<STORY>
栄華を極めた全盛期を過ぎ去り、家族も、金も、名声をも失った元人気プロレスラー“ザ・ラム”ことランディ。今はどさ回りの興行とスーパーのアルバイトでしのぐ生活。ある日、試合後に心臓発作で意識を失ったランディは、心臓手術のあとに目を覚ます。そして医師から引退を勧告される。彼は今の自分には行く場所もなければ頼る人もいないことに気付く。新しい仕事に就き、疎遠だった娘との関係を修復し、なじみのストリッパーに心の拠り所を求めるランディ。しかしその全てにつまづいた時、彼は悟る、例え命を危険にさらすことになっても、自分はプロレスラー“ザ・ラム”としか生きることが出来ない男なのだと

<感想> 評価 ★3
18歳の時に観た「ナイン・ハーフ」はいろんな意味で衝撃的でした。主役のエリザベスが惹かれるハンサムな男。その男のセクシーさや優しさ、残酷さに惹かれました。そのハンサムな男を演じていたのがミッキー・ローク。25年前の映画になります。
その後、ちょっと道を反れて、どんどん外見も変わっちゃって・・・。
本作は、あのミッキーが再び主演。カレもかなり力を入れて制作した映画だと聴いたので観てみました。
本作に出てくるミッキーは「ナイン・ハーフ」の時の面影ゼロでした。
わかっちゃいるけど、少々ツライ・・。
Storyはありがちな負け犬の生き様映画です。過去の栄光しかなく、50代の現在、何もない男ランディ。老眼に補聴器使用の老いぼれレスラーだけど、リングに上がる時は本物のレスラーに徹します。そこは渋いです。そしてランディがミッキーの人生とオーバーラップして見えるのです。そう言う意味ではハマり役だったかも知れません。
ありがちな映画に見えてしまうのは、ランディの周りの環境が友好的で優しかったから。現実はもっとシビアで厳しいと思う分、<所詮映画、虚像の世界>と思ってしまうからだと思います。
ま、それもミッキー・ロークの“復活”と微妙にリンクした一種の“ヒーロー物”として本作品を観れば納得はいきます。そう言う位置づけで観るとするならOKな作品だと思います。
   

 

 

 

 
 RED CLIFF  PARTⅡ/赤壁 
2009年/中国
監督:ジョン・ウー
CAST:トニー・レオン、金城武、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ
    リー・チンリン、チャン・フォンイー

20091216_1337395[1]
<STORY>
2,000隻の戦艦と80万の兵士で全軍攻撃を企てる曹操軍(そうそうぐん)。謎の疫病により、戦意を喪失し撤退してしまった劉備軍(りゅうびぐん)。信頼の絆が揺らぎはじめ、崩壊寸前の連合軍に、曹操軍が襲いかかる。迎え撃つ周瑜(しゅうゆ)と孫権(そんけん)、孔明(こうめい)が仕掛ける作戦とは?それぞれの未来は赤壁で決まろうとしていた。そして、ついに赤壁の激戦の火蓋が落とされる!

<感想> 評価 ★4
2部作品となった「レッド・クリフ」の後編。
赤壁の戦いをメインに話が進みます。
前作と同じく「三国志」を知らない、読んだこともない人にも楽しめるように描いてあると思います。
「三国志」の面白味の1つに心理戦がありますが、周瑜と孫権と劉備軍の中でも疫病の流行によって仲間割れが起こったり、周瑜の元に敵である曹操軍に属している幼なじみが訪ねてきて内部偵察を秘密裏にされる時に仕掛けるワナなど戦い以外にも見どころは十分です。
俳優陣にも不足はありません。周瑜のエピソードと孔明のエピソード2つを対比させて信頼し尊敬しあうライバル同士として描いているところが良かったです。どんな時も冷静沈着、静の孔明役の金城武はハマり役です。
また前半に描かれるヴィッキー・チャオ演じる尚香が曹操軍に紛れ込み情報収集につとめるエピソードは映画のオリジナルのようですが、曹操軍の中で出会う気のいい兵士との関係、ラストへの流れは思わずホロッとしてしまいました。
 

 

 

 

 
REVOLUTIONARY ROAD  
   *レボリューショナリーロード  燃え尽きるまで*

2008年/米
監督:サム・メンデス
CAST:ケイト・ウィンスレット、レオナルド・ディカプリオ
    キャシー・ベイツ、マイケル・シャノン、
    キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバー

20090620_803348[1]
<STORY>
1950年代のアメリカ、コネチカット州。
フランクとエイプリルは、レボリューショナリーロードにある閑静な住宅街に暮らし、二人の子供に恵まれた理想のカップル。フランクは元陸軍兵で、今はニューヨークの事務機会社ノックスの社員。エイプリルはかつて女優志願だった美しい女性。しかし日常生活の中で、最近はすっかりと色あせてた毎日を送っていた。そんな毎日を打開しようと、エイプリルは地元のアマチュア劇団の舞台に立つが、芝居は最悪の出来で、その怒りを帰りの車の中で夫にぶつけ、ふたりは激しい口論になる。一方フランクは、しがないセールスマンの仕事にやるせない不満を感じていた。そしてエイプリルは驚くべきことを言い出す。「パリに住もう」と。人生のどうしようもない空しさを乗り越えたいと願うフランクとエイプリルはパリ行きを決意する。

<感想> 評価 ★3
「タイタニック」で競演したふたりが主役だと言うことで、映画のキャッチコピーには「映画史上永遠のカップル」とか「深く切ない運命の愛」などとラブストーリーのように宣伝されていたけれど、内容は全く違います。ラブストーリーを期待してみるのならやめた方がいいでしょう。

2時間の作品の9割が「感情」にスポットをあてた内容になっています。主役のふたりC・ウィンスレットとL・ディカプリオだからこそ、最後まで観れた作品だろうと思います。

「特別の私。特別の私たち」にこだわり続けるエイプリル。彼女の気持ちはわかるものの、現実的でない妻に一度はノープランのパリへの暮らしに同意するものの、思いもかけない展開に、地に足のついた生活を望むようになるフランク。
愛し合っていても、ここまで違うと平行線。この夫婦はエイプリルの言う通りに行動しない限り、いつしか破滅していたと思われます。
1950年代の話だけれど、現在の夫婦にも十分あり得る話。
終盤、前日の出来事がウソのような表情で「おはよう」と言うエイプリル。このシーンを観ただけで、(女は重大なコトを決心している)と思わせる。そしてラストへ・・・。

夫婦のことばかりで子供はどうよ?と思ったり、特別・特別ってなんなのさ?と思ったり、結局乗り切れずに2時間観たと言う感じでした。


 

>>>Read more

 

 

 

 
Ray *レイ*
2005年/米
監督 :テイラー・ハックフォード
CAST:ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン
    レジーナ・キング、クリフトン・パウェル
    アーンジャニュー・エリス
第77回アカデミー賞 主演男優賞 ジェイミー・フォックス

ray.jpg
<STORY>
ジョージア州の貧しい家庭に生まれたレイ・チャールズ・ロビンソン。母:アレサによって弟と仲良く育てられた。だがある日、弟が溺死してしまう。そしてレイも7歳の時、視力を失った。以来、“音”に光明を見いだしていくレイ。1948年、17歳になった彼は、バスでシアトルへ旅立った。そこで間もなくピアノの才能を認められたレイはバンドのツアーに参加し、盲目の天才と呼ばれるようになる。その一方、麻薬に溺れ始める。それでも'52年にはレコード契約を結び、やがてゴスペル・シンガーのデラ・ビーと運命の出会いをし、結婚。レイ・チャールズの生涯を描いた作品。
<感想> 評価 ★3.5
レイ・チャールズの生涯を描いた作品です。
レイが生きている時から映画化の話が進められていましたが、残念なことに2004年6月に彼はこの世を去ってしまいます。しかし、それ故に映画はより一層の重みを持ったように思います。
この映画の素晴らしさは主演のジェイミー・フォックスの演技力と言っていいと思います。詳しく語れる程、レイ・チャールズを知ってるワケではないですがレイのしぐさや歌う時の身体の動きまでレイ・チャールズが乗り移ったようです。実際、ジェイミーは3歳からピアノを始めていたらしく、レイと共にピアノを弾いてこの役を勝ち取ったそうです。
黒人である為の差別。レイの住む南部(ジョージア州)はバスの中も白人用と黒人用とにテープで区切られる程の差別があり、貧しい暮らし、弟の不慮の死・突然の盲目。ピアノと歌う才能が認められ独り立ちするも盲目故に人に騙され、麻薬に手を出し、麻薬と女に溺れる(2004年現在、子供12人、孫5人)日々。しかし、彼の歌声とピアノは人々を魅了します。麻薬に溺れた理由は、人間不信とひとりで暗闇で生きていくことに耐えられない孤独感。そして弟の死を助けられなかったことへの自責の念が彼を苦しめたことによる逃げだったように映画の中では表現されていました。
日本でも「いとしのエリー」をカバーしたことで有名になったレイ・チャールズ。映画の中で流れる曲は聴いたことがある曲ばかりです。曲が生まれた時の背景も楽しめ、彼の作品をますます好きになりました。
映画を観終わって レイ・チャールズを改めて味わいたくなる作品です。
 

 

 

 

 
LEON *レオン*
1996年/米・仏
監督 :リュック・ベッソン
CAST:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ダニー・アイエロ、
    ゲイリー・オールドマン

leon.jpg
<STORY>
殺し以外何も知らずに生きてきた男・レオンは、家族を麻薬組織に殺された少女・マチルダと出会う。
マチルダは復讐のためにレオンから殺しのテクニックを学ぼうとする。
孤独な男レオンと少女マチルダのつかの間の愛。
孤独な二人が徐々に心を通わす演出が切ないアクション映画。
<感想> 評価 ★4
多くの人に好きな映画をあげてと言えば、必ず入ってくる映画ですね。
殺ししか知らない孤独な男=レオンがマチルダと出逢うことで「幸せ」と言うものを実感していくシーンは心にじーんと響きます。スティングの曲と映画の雰囲気がとても合っているし、マチルダ役のナタリー・ポートマンがとても愛らしいです。リュック・ベッソン監督は売れない新人のオンナの子を発掘するのが巧いです。マチルダ役のナタリー・ポートマンもこの作品で一躍有名になりました。また、レオンを追いかけ回すイカれたマフィア役のゲイリー・オールドマンは怪優です。彼の存在もこの作品を魅力的にしています。
リュック・ベッソン監督を語るにも、ジャン・レノを語るにも本作を観ないで語るなかれ!ですね。  

 

 

 

 
RESERVOIR DOGS *レザボア・ドックス*
1991年/米
監督 :クェンティン・タランティーノ
CAST:ハーベイ・カイテル、ティム・ロス、
    スティーブ・ブシェミー、マイケル・マドセン、
    クリス・ベン、クェンティン・タランティーノ

reservoir.jpg
<STORY>
宝石強盗のため、選ばれた黒ずくめの男達。みなは自分の名を明かさずにカラーで呼び合っている。メンバーは、ホワイト、オレンジ、ブロンド、ピンク、ブルー、ブラウンと、ボスとその息子の八名。しかし、強盗は失敗に終わる。店には警官が待ち伏せしていたのだ。ブラウンは死に、オレンジは弾丸を受け、重傷を負う。命からがら逃げ出したメンバーは倉庫に集まり、そこで計画の情報を漏らした男を探り始める。
--------------------------------------------------------------------------------
<感想> 評価 ★3.5
見ている時より、見終わった後の方が(クールでおもしろかった)と思える映画。 オープニングシーン。6人の黒スーツの男達が道を闊歩する。スロー回しの映像、バックで流れる音楽は「Little Green Bag」。そう、キムタクのウィスキーのCMで使われたあの曲である。クールでスタイリッシュ。タランティーノの世界を愛するファンは必見の一作。また、タランティーノ作品はSTORYとは関係ない無駄な会話を多様する。 黒スーツの男6人がマドンナの「ライク・ア・バージン」の歌詞について語るのだがコレが実にくだらない。が、見終わった後にソレがいい感じに思えるのが不思議だ。 俳優人は説明する必要もないほど今や大スターばかり。ティム・ロスはここでも光るものを見せているし、マイケル・マドセンはアメリカンセクシーっぽいところがアメリカチックでいい。私は「パルプ・フィクション」よりもこっちが好き。

完全ネタバレ ↓

強盗目的に集まったメンバーだったが、強盗に失敗し、メンバーのブルーとブラウンが死ぬ。残ったメンバーのホワイト・ピンク・ブロンド・オレンジ。彼らはメンバーの中に警察の犬・つまり潜入した捜査員がいると思い目的が裏切り者探しに変わっていく。こう言う展開で私の推理はほとんど当たらない。今回もハズれた。まさかオレンジとは。 内部捜査員がオレンジだとわかるシーンあたりが一番おもしろかった。  

>>>Read more

 

 

 

 
RED CLIFF  Part Ⅰ *レッド・クリフ パートⅠ*
2008年/中国・日本
監督 :ジョン・ウー
CAST:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー
     チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン
     中村獅童、リン・チーリン、チャン・フォンイー 

redcliff.jpg
  <STORY>
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の諸葛孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリスマ性に魅了される。一方の周瑜も孔明の人柄と戦術眼に驚嘆し、その存在を意識するようになる。そして二人は信頼を深め、共に戦う事を決意するのだった。
<感想> 評価 ★3.5
「三国志」の中の「赤壁の戦い」に焦点をあてた2部作のパート1。
とにかく、「三国志」と聴くだけで苦手意識が出て、今まで避けてきた。
だいたい、「三国志」って歴史なのか、中国文学なのかさえわかってないし。
しかし、本作はそんな私でも楽しめるように、三国である「魏(ぎ)」「呉(ご)」「蜀(しょく)」の関係、各々の国の情勢、人物相関関係などが理解できるように配慮しつつ話が進むので「三国志」に興味はあるけど、小説を読むのはNGと言う人にはお勧めかも知れない。

まずは映画の感想から。
三国志を知っているものからすれば、描いて欲しいシーン(たとえば趙雲の単騎駆けや、「長坂の戦い」など)があっさりだったり、描かれてなかったりしているらしく、物足りなさが残るらしいが、私のように知らないものとしては三国の君主の性格がわかりやすいし、パート1序盤の趙雲が劉備(りゅうび)の子供を助けるシーンや体系を八卦にするの後半の戦闘シーンはおもしろかった。
ワイヤーアクションは本作でも健在。
トニー・レオン演じる周瑜(しゅうゆ)は、彼の雰囲気に合っている役柄。史物や小説の中でも、周瑜(しゅうゆ)は美形で頭脳明晰らしく、パート2での活躍が楽しみ。
金城武は気品のある美形・頭脳明晰・冷静沈着な諸葛孔明(しょかつこうめい)を見せてくれた。あまり金城武を良いと思ったことのないけれど、アクションする金城武より今回の役柄の方が合っているように思う。中村獅童も甘寧(かんねい)を脚色し、新たに作った役柄:甘興(かんこう)を魅力的に演じてた。獅童くんを”いつも同じ演技”などと悪く言う人もいるが、甘興(かんこう)としてはいい雰囲気を出していると思う。
ただ、三国志を知らない私でも、ムダ?長い?と思うシーンをかなり丁寧に描いていたりする。
とくにこの手の作品に過剰なラブシーンは必要ないのに長いのだ。なんだか中だるみ、興ざめしちゃった感はある。パート2はないといいのに。

さて、三国志についてですが。
レッドクリフをきっかけに、初めて三国志の世界に入ってわかったのは、ギリシャ神話の「トロイ」や英国小説「指輪物語」などに似ていると言うこと。
少ない人数で大きな敵に勝つ戦術や、人の裏をかく鮮やかさなどが魅力のひとつ。中国名前が覚えにくかったりするからとっつきにくいけど、少しでもわかってしまえばなかなか興味深い世界。
「パート2」楽しみです!

 

 

 

 

 
RED DRAGON  *レッド・ドラゴン*
2002年/米
監督 :ブレット・ラトナー
CAST:アンソニー・ホプキンス、エドワード・ノートン、
    ハーヴェイ・カイテル、レイフ・ファインズ、
    エミリー・ワトソン

reddragon.jpg
<STORY>
死闘の末、連続殺人鬼「人食いハンニバル」ことハンニバル・レクター博士を捕らえた元FBI捜査官ウィル・グレアムのもとに、元上司のジャック・クロフォードが捜査依頼にやってきた。
それは、ある2つの家族が残忍な手口で惨殺された事件の犯人捜しだった。その犯行から、異常者と思われる犯人を割り出すには、天才的な洞察力を持つレクターの助けが必要だとグレアムは考えた…。
「ハンニバル・レクター3部作」の第1章。
<感想> 評価 ★3
私、レクター・ハンニバル教授のファン。
今回が3作目のハンニバルもの。第1作目「羊たちの沈黙」第2作目「ハンニバル」そして今回が3作目。しかし、設定上の時系列は「羊たちの沈黙」の前の事件と言うことで話は流れている。つまり、レクター博士が、いったいどんな事件を起し、投獄されたのか?レクター博士とはいったいどんな人物なのか?ということが明らかになる作品である。アンソニー・ホプキンスの板に付いたレクター博士。
映画の冒頭のオーケストラコンサートの最中に小首をかしげるシーンが気味悪くて、それだけ私の気持ちをわしづかみでした。

 

 

 

 

 
LADY IN THE WATER *レディー・イン・ザ・ウォーター*
2004年/米
監督 :M・ナイト・シャマラン
CAST:ポール・ジアマッティ、ブライス・ダラス・ハワード 

lady_water.jpg
<STORY>
アパートの管理人クリーブランドは、廊下の掃除や電球の交換をするだけの単調な毎日を送っていた。ところがある晩、彼の前にストーリーと名乗る謎めいた女性が姿を現わす。彼女はおとぎ話に登場するナーフ(水の妖精)だった。恐ろしい怪物に追われ、自分の世界に戻れずにいると知り、彼女を手助けしようとするクリーブランドだったが…。
<感想> 評価 ★2.5
シャマラン映画らしい「おとぎ話」が題材。
何気ないシーンにも怪しさと不気味さが漂いミステリアスでダーク。少々のドキドキ感があるものの、私にはツライ2時間弱だった。捨てがたい魅力を持った映画なのはわかるのだが大きく盛り上がるシーンもないので眠気に誘われ挫折しそうに。ラストがわからない故に最後まで観たが私的には「サイン」についでの駄作感は否めない。しかも、シャマラン監督、映画に出過ぎ。主役を演じたブライス・ダラス・ハワードは映画監督:ロン・ハワードの娘。
 

 

 

 

 
AWAKENINGS *レナードの朝*
1990年/米
監督 :ベニー・マーシャル
CAST:ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ、
    ジュリー・カヴナー 

lenard.jpg
<STORY>
嗜眠性脳炎のため、30年間も半昏睡状態でいる重度の障害者レナードに興味を覚えた医師セイヤーは、彼に新薬を投与。ある朝、レナードは奇跡的に目覚める。30年ぶりに街に出てたレナードだったが、彼はその変わり様に驚き、はしゃぐ。果たして彼は普通の生活にとけこんでいくことができるのか?人間の尊厳、友情と愛情を描き上げた感動実話。
<感想> 評価 ★3.5
オリバー・サックスの原作を女性監督ペニーマーシャルが描いた作品。
真実を元にした原作を元にしたドキュメンタリーフィルムを参考にして制作された。
それ故に、感動的というよりも、胸に響き渡る。感動的な音楽も、計算され尽くした脚本もない。ただ目の前に突きつけられる真実の物語だけが、心をとらえる。奇跡の喜びと反する、時の流れの無情さ。医療はひとを助けるためのものでなければならないと思う。少しでも患者さんの苦痛を取り除き、病気を回復させるために存在するのが医療であると理解してる。
けれども・・・・この映画に関して、”目覚めさせる”ことがよかったのか・・?深く考えさせられた。  

 

 

 

 
RATATOUILE *レミーのおいしいレストラン*
2007年/米
Disny/pixser 

restrun.jpg
<STORY>
天才的な料理の才能を持ち、一流レストランのシェフになる夢を抱くネズミのレミーはある日、尊敬する料理人グストーのレストランに辿り着く。一方その厨房内では、見習いシェフのリングイニがスープを台無しにしてしまった。しかし、レミーがそのスープをおいしく作り直したところを目撃したリングイニは、コンビを組もうと提案。こうして彼らは、パリ一番のシェフを目指すことになるのだが…。
<感想> 評価 ★4
子供にも安心して見せられる上質のアニメです。吹き替えで鑑賞。
さすがにディズニー/ピクサーアニメ。期待を裏切りません。
アニメ?実写?と思うぐらいの映像美。料理を作る手つき、音、料理から匂い立つような湯気、ネズミのレミーや人間の動き、表情、じぐさ。そしてパリの風景までが素晴らしく感動しました。
storyもわかりやすく、家族愛や友情なんかを交えて料理で人を笑顔に幸せにしていくところが良かったです。
多くの人がコメントしておられるように、ネズミが料理?と言う部分では多少の不衛生感はあったけれど、ココはアニメと言うことで割り切って楽しみました。 
 

 

 

 

 
Les Miserables *レ・ミゼラブル*
2000年/仏
監督:ジョゼ・ダヤン
CAST:ジェラール・ド・パルデュー、ジョン・マルコビッチ 

mizerabule.jpg
<STORY>
動乱に揺れる19世紀フランス初頭。1片のパンを盗んだ罪で投獄されていたジャン・バルジャンが19年ぶりに釈放される。身寄りもなく、再び悪の心に支配されそうになるが、司教の温かい人柄に触れ、善の心を取り戻す。だが、未婚の母 フォンティーヌと娘 コゼットとの出会いが、再び波乱の人生へと導き、獄中時代から敵視されていたジャベール警部の影がちらつき始め….

<感想> 評価 ★3
小学生の頃、分厚い本を読んだ最初の小説が「ああ無情」でした。だから「銀の燭台」「ジャン・バルジャン」「コゼット」などの単語は記憶に刻まれています。しかし、読んだ記憶はあるけれど、小学生用に短く編集された作品を読んでいたので原作を知りません。今更、原作を読む気にはなれないのでいつか映画を観ようと思っていました。
さて、本作は、実は8時間に及ぶ大作ドラマで、約3時間ほどに編集したVer.を観たことになります。(映画の途中バッサリ編集されているのがわかります)それでも見応え十分でした。時代が違いすぎるので歴史物を観るようです。そして今更ながらに、こんな作品だったんだと知りました。
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。