映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
YUNG@Heart  *ヤング@ハート* 
2007年/英
監督:スティーブン・ウォーカー

yungheart.jpg
<STORY>
それでも、人生は素晴らしい。笑って、泣いて、一緒に歌えば、もっと“生きる”が好きになる。世界一いかしたロックンロール・コーラス隊。平均年齢80歳のおじいちゃんとおばあちゃんの真実の物語は、泣いて、笑って、生きることの歓びを教えてくれる。
アメリカ、マサチューセッツ州の小さな町ノーサンプトン。1982年に“やんちゃな年金生活者たち”こと“ヤング@ハート”と呼ばれるコーラス隊が誕生した。世界中を飛び回るこの歌い手たちは、平均年齢80歳のおじいちゃんとおばあちゃんなのである。花形スターのアイリーンは92才のかわいいおばあちゃん。癌を患って3回も手術した83才のジョーはお医者さんに止められてもヨーロッパ・ツアーに行くような頑固で歌が大好きなおじいちゃん。そんな彼らが1年に1回のコンサートに向けて、コールドプレイ、ソニック・ユース、ラモーンズ、ボブ・ディラン、トーキング・ヘッズの曲の練習を重ねていく。歌うことは生きること、生きることが歌うことの彼らの姿に笑いと感動が生まれる「元気なおじいちゃんとおばあちゃん」の真実の感動物語。
コンサートが開催されるまでの6週間、おじいちゃんとおばあちゃんに何が起こるのか!!

<感想> 評価 ★4
私は音楽が好き。よく聴くし、ミュージカルも好きなので舞台も見に行きます。今までの人生の中でも、音楽にどれだけ励まされ、慰められてきたかわかりません。
この作品は80歳を越える老人を通して「音楽の持つ魅力や力」を伝えてくれました。「歌の素晴らしさ」「歌うことの意味」「歌うと言うこと」が詰まった作品です。
最近、観劇したミュージカルで喉を傷めたキャストのベストとはほど遠いけれど、魂の歌声を聞き「歌は上手下手じゃなく伝わるものがある」と確信した私。この映画はまさにソレで、歌うその人の(何か)が伝わる時が不思議にあるのです。刑務所の慰問で、ボブ・ディランの「ヤング・フォーエバー」を歌った彼ら。直前に亡くなった仲間の為に歌った「フォーエバー・ヤング」は心を揺すられました。そして、その曲を聴いている囚人たちの表情がどんどん柔らかく変化していく場面は実に感動的でした。
彼らが、残り少ない人生を嘆かず前向きに生きれるのは「歌がある」から。歌で繋がる仲間がいるから80歳を越えても努力をするし、亡くなったメンバーの「私が逝っても歌を続けて」と言う願いが彼らに悲しみを越えさせるのでしょう。
また、愛情深く音楽指導するボブ・シルマン。彼の厳しい指導があるからこそ、彼らにプロとしての意識を持たせ努力させるのだと思いました。
ラスト、ヤング@ハート1番のシンガー、フレッドの「フィックス・ユー」は、昨日今日ではとても表現できない深い味わいがあって、ステージを圧倒していました。
歌声にはきっと彼らが越えてきた人生をもにじませることができるのでしょう。
80歳越えの老人がこれからの社会に対して歌うような「YES WE CAN 」にも感動しました。


 
スポンサーサイト

 

 

 

 
STEPHEN KING'S THINNER *痩せゆく男*
1996年/米
監督 :トム・ホランド
原作:スティーブン・キング
CAST:ロバート・ジョン・パーク、ルシンダ・ジェニー、
    ジョー・モンテーニャ、マイケル・コレスタンティン
    カリ・ワーラー

diert_man[1]
<STORY>
旺盛すぎる食欲のため、135キロの超肥満体である弁護士ビリー。
ある夜、酔っ払い運転でジプシーの老女をひき殺してしまった彼は、警察を抱き込んで事故を揉み消してしまう。怒ったジプシーの長老レムキは彼の頬に触れつぶやいた。
「痩せてゆく・・・」。翌日からビリーは物凄い勢いで痩せはじめ、135Kgあった身体は骨と皮だけになってしまう。自分に「呪い」がかけられている事に気付いたビリーは、マフィアの助けを借りてレムキに戦いを挑むが?
<感想> 評価 ★2
スティーブン・キング原作。映像化するのは無理だろうと言われた作品の映画化。
特殊メイクの担当は「マスク」「エイリアン3」やマイケル・ジャクソンの「スリラー」のPVで有名なグレッグ・キャノン。っと来たらB級映画でも見る価値あるか!と思うのだが・・・結果はやはりB級映画の枠を抜けることはできていなかった。
92分間と短いし、ホラーとしてはひとりで夜見ても怖くないと言う点で合格点なのかも知れないが。
特殊メイクはやはりすごくて、ビリーが135キロ→55キロまで1ヶ月で80キロも痩せる特殊メイクはメイクと思えない。映画と言うか特殊メイクを楽しむにはグロな映像もところどころ出てくるのでおもしろいかも。  

 

 

 

 
やわらかい生活
2006年/日本
監督 :廣木 隆一
CAST:寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介、田口トモロヲ
    妻夫木聡、柄本明、大森南朋

yawarakai.jpg
<STORY>
一流大学から大手企業の総合職とキャリア街道を突き進んできた橘優子。しかし、両親と親友の突然の死をきっかけにうつ状態へと落ち込んでしまう。以来、躁鬱病を抱えて入退院を繰り返す優子は、やがてなんとなく居心地の良さを感じて東京の端っこ、蒲田へと引っ越してきた。そんなある日、いとこの祥一が転がり込んでくる…。
<感想> 評価 ★3
原作は絲山秋子氏の短編小説「イッツ・オンリー・トーク」。絲山作品、絲山さんの表現したい空気感が好きなので本作品を楽しみにしていたが、見終わった感想はこの空気感を感じるには私の場合、映像より断然文章の方が感性に響くと言う事実だった。
寺島しのぶは等身大で自然体に演じていたし、豊川悦司の魅力は存分に出ていたけれど。
映画の中でトヨエツ演じる祥一は、自然に優しさを与えてくれる男で、現実に祥一のような男と出会ったら、好きになってしまうような気がする。
東京蒲田の街の雰囲気、お風呂屋さん、タイヤ公園などの景色はどこか懐かしくステキな映像だった。
結局私の場合、期待し過ぎてはずれた感じ。これは「ヴァイブレーター」もそうだったので日本映画が良くなってきたとは言え、私の場合は期待し過ぎは禁物と1つ教訓を得た。  

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。