映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
LET ME IN *モールス*
2010年 / 英・米
監督:マット・リーヴス
CAST:クロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー
    リチャード・ジェンキンス、イライアス・コティーズ
    ディラン・ミネット

letmein.jpg
<STORY>
1983年、ニューメキシコ州の田舎町。学校でイジメを受け、家では離婚協議中の精神が不安定な母と二人暮らしのオーウェンは孤独だった。ある日、オーウェンの隣の部屋に、アビーという女の子と父親が引っ越してくる。アビーは雪の中を裸足で歩き、変なにおいのする風変わりな女の子だったが、何度か会ううちにふたりは打ち解け、部屋の壁越しにモールス信号でやり取りするようになる。その頃、彼らの暮らす街では、猟奇殺人事件が起こっていた。

<感想> 評価 ★3
スウェーデン映画「ぼくのエリ、200歳の少女」のリメイク版。
ヴァンパイア作品とは一線を引いた作品の「ぼくのエリ」。北欧の閉ざされた冬の風景とStoryがマッチしていて少しゾワッとする怖さがありつつ、切なさもあってここ最近見た作品の中でかなり印象に残っている作品でしたが、「モールス」はその作品のハリウッド版になります。
オーウェンが住む場所がアメリカの田舎町に変わってはいるけれど、冬・雪・閉ざされた雰囲気と言う基本ベースは同じ。Storyもベースは同じでした。あとはどちらが好きかと言う好みの問題かな?と思います。ラストシーンは「モールス」の方がわかりやすく表現しているように思いました。でも私は「ぼくのエリ」に軍配をあげます。


以後、ネタバレあり


こちらの原題は「Let me in」(中に入れて)と訳せるでしょう。「ぼくのエリ」でもこのシーンはありましたが、ヴァンパイアは(受け入れてもらう)と言うことが大切な意味を持つようで、オーウェンがアビーを受け入れるか迷いながらアビーを家に入れるとき、受け入れられずに部屋に入ったアビーから血が流れ出すシーンがありました。
そのあたりの表現は「モールス」の方がわかりやすいかな?
アビーと父親と思われる男との関係の描き方、あきらかにフツウの少女とは思えない不気味さの度合いで行くと「ぼくのエリ」の方が好きです。



 
スポンサーサイト

 

 

 

 
殯の森  *もがりのもり*
2007年/日本
監督 :河瀬直美
CAST:うだしげき、尾野真千子
第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員特別大賞グランプリ

mogarinomori.jpg
<STORY>
奈良県の東山間部に旧家を改装したグループホーム「ほととぎす」がある。ここでは軽度の認知症を患った人たちが介護スタッフとともに共同生活をしていた。そこで生活するシゲキさんは33年前に亡くした妻を今も思い続けている。そしてここで介護福祉士として働きだした真千子も子供を亡くしてしまった哀しみから立ち直れずにいた。ふたりを中心に「生」と「死」を静かにみつめた作品。
<感想> 評価 ★3
BS-Hiで公開されたのを鑑賞。

奈良の山間部の豊かな自然の映像は素晴らしい。風にざわめく木々、緑の稲波。うっそうと生い茂る様は美しくもあるが恐怖さえ感じる。自然とはなんと奥が深いのだろうか。
物語はドキュメンタリータッチで展開されていく。役者でないご老人たちがいつもの日常を送っているシーンが続くが何かを話しているか聞きづらく言いたいことが理解しにくい。残念。
主役の認知症のシゲキさんがグループホームを訪ねて説法をしているお坊さんに「私は生きてるのですか?」と何度も尋ねる。お坊さんは「生きる」と言うことには意味が2つあり「食べることそのもが生きていると言う事」だけど、あなたの尋ねていることはそれではない。「生きている実感」が欲しいのですねと言う。誰かに手を握られ温かいと感じる実感。ご飯を食べ、それをおいしいと思える実感。私達が一般的に「生きている」と表現する感覚はまさにこの「実感」の部分だろう。それだけ、人は生きることに意味を持ちたがり、実感することで生きていく力が湧く。
主役の真千子も子供を不慮の事故で亡くし、それを自分の罪だと背負っている。夫とは離婚。「生きることの意味を失ってしまった」女性である。その真千子がシゲキさんと山を彷徨うハプニングを通して感情を浄化させていく様は胸をついた。
シゲキさんは妻の墓を愛おしそうに撫で、添い寝する。そこに奥さんがいるように。昨今流行っている「千の風になって」とは対極だなぁと思ってしまった。
 

 

 

 

 
CLICK *もしも昨日が選べたら*
2006年/米
監督 :フランク・コラチ
CAST:アダム・サンドラー 、ケイト・ベッキンセール 、
     クリストファー・ウォーケン 、デヴィッド・ハッセルホフ

click.jpg
<STORY>
愛する家族のために出世し、リッチな生活を手にいれることが幸せだと信じて疑わないマイケルは自宅のテレビリモコンがどれであるかすらわからないほどの仕事人間。妻はそんなマイケルに不満で最近口論ばかり。ある夜、妻と口論したマイケルは怒りにまかせて全ての電化製品を操れる万能リモコンを買いに夜の町に出かける。深夜営業のホームセンターで変わった部屋を見つけて入ると怪しげな従業員・モーティに万能リモコンを紹介される。そのリモコンは電化製品だけでなく、人や時間まで操れる代物だった。無償で提供する変わりにモーティが出した条件は1つ。返品不可だった。
<感想> 評価 ★3
ジャンルはハートフルコメディ。
テーマは「家族を大切に」。展開は予想通りで意表をついたものではないし、斬新さもないのテンポが良く、最後まで飽きずに見れます。B級コメディかと思いきや、ホロッさせるシーンもあり、人生について、家族についてもう1度考えさせらる映画です。
主役のアダム・サンドラーは多くの作品に出演している有名なコメディ俳優だそうです。なんと、これだけ映画を観ている私なのにアダム・サンドラーはお初!まだまだ未知の俳優さんがいるもんなんだなぁ。
邦題否定派の私。今回の邦題「もしも昨日が選べたら」は失敗だと思います。「クリック」が馴染みないなら「リモコン」にすれば良かったのになぁー。  

 

 

 

 
THE MOTORCYCLE DIARIES *モーターサイクル・ダイアリース*
2004年/伊・米
監督 :ウォルター・サレス
CAST:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ
    ミア・マエストロ、ジャン・ピエール・ノエル 

motor_cycle.jpg
<STORY>
1952年、アルゼンチンのブエノスアイレス。喘息持ちながら理想に燃え好奇心溢れる23歳の医学生エルネストは7歳年上の陽気な友人アルベルトと南米大陸探検の旅に出た。アルゼンチンからパタゴニアへ、そしてアンデス山脈を越えてチリの海岸線に沿って進み、最終的に南米大陸の北端ベネズエラのカラカスを目指す。アルベルト所有のおんぼろバイク“ポデローサ号”を移動手段に、わずかな所持金と貧弱な装備だけの彼らにとって、それはあまりにも無鉄砲な計画。当然のように彼らの行く手には様々な困難が待ち受けていたが…。
<感想> 評価 ★4
アルゼンチンの好奇心旺盛な若き青年ふたりがオンボロバイクで南米大陸を旅するロードムービー。
青年が旅を通して成長していく姿に心打たれた。そしてあどけない青年・エルネストが8年後にキューバ革命の英雄「チェ・ゲバラ」となる。ゲバラはこの旅で本当に大きな影響を受けたのだろう。
20090601_725389[1]
映画の中の南米の風景・人々・街並みは私が初めて観る光景だった。アンデス山脈・チリの海岸線・アカタマ砂漠。政治的信念を持ったがために土地を奪われた夫婦との出会い。インカ帝国の栄光のマチュ・ピチュの遺跡と現代のまとまりのない都市風景とのコントラスト。ハンセン病の知識が無知な為に隔離医療施設に閉じ込められた人々とのふれあい。どれもがエルネストに大きく影響したように見ている私にも感じさせてくれる。
チェ・ゲバラの知識が乏しいので、勝手に野心家でバイタリティー溢れるイメージを持っていたが、医者を目指すインテリで喘息の持病に苦しみ、クスリを手放せない体質だったと初めて知った。その彼が旅の中で見せる人に対する優しさ、温かさが彼を革命へと導いたのだろう。

ガエルは偉大なチェ・ゲバラを気負いせず、等身大で演じている。ガエルくんの澄んだ瞳、キュートな笑顔、かと思えば思いやりを含んだ深いまなざし魅せられた。
キューバ革命の英雄=チェ・ゲバラ、その程度の知識しか彼に持たないが、チェ・ゲバラを知りたいと思わせてくれる青春ロードムービー。   

 

 

 

 
MOZART & THE WHALE *モーツァルトとクジラ*
2004年/米
監督 :ペッター・ネス
CAST:ジョシュ・ハーネット、ラダ・ミッチェル、
    ゲイリー・コール

mozart_whale.jpg
<STORY>
一見普通の青年ドナルド。しかし、彼はアスペルガー症候群という障害を抱え、平穏な日常生活を営むことが出来ずに悩んでいた。同じような障害を持つ仲間たちと定期的に集会を開いていた彼は、ある日そこで新たな参加者イザベラと出会い、奔放な彼女にたちまち魅了されるのだったが。
<感想> 評価 ★3
ジョシュ・ハーネットずいてます。なんだかんだ言いながら可愛い♪と思ってるのかも。私にはあの瞳が犬のようでキュートに見えます。
この映画は自閉症の一種である<アスペルガー症候群>と生きる人々の話です。なので、映画として楽しむには理解できないシーン、イライラするシーンが多くむずかしかったです。
「アスペルガー症候群」を調べてみると、知能障害のない自閉症を言うそうで、言語による会話能力があるにもかかわらず、自閉症同様の「かかわり」「コミュニケーション」「こだわり」の三つの障害の特徴を併せ持った、発達障害だそうです。
そう言う視点から見ると主人公のドナルドはまさしく三つの特徴を抱えていた青年でした。
日本ではこの映画のようにアスペスガーの方々が自立して暮らす社会が出来ていないのではないかな?映画を通して、アスペルガーを知り、考える機会を持てたのは収穫です。

 

 

 

 

 
MONSTER *モンスター*
2003年/米
監督 :パティ・ジェンキンス
CAST:シャーリーズ・セロン、クリスティーナ・リッチ
第78回アカデミー賞 主演女優賞:シャーリーズ・セロン

monster.jpg
<STORY>
“モンスター”と呼ばれたアメリカ初の連続殺人鬼アイリーン・ウォーノスの実話の映画化 1986年、フロリダ。ヒッチハイクをしながら男に身体を売る生活に疲れ果てたアイリーン・ウォーノスは有り金の5ドルを使い果たして死のうと決めていた。飛び込んだバーでセルビーと出会う。同性愛の治療を強制されフロリダにやってきたセルビーもまたアイリーンと同様に社会からの疎外感を抱いて生きていた。初めて自分を偏見なく受け入れてくれる人物と出会ったと感じたアイリーンは、“ふたりで暮らそう”と提案する。そのためにお金が必要になった彼女は、再び客を取るため道路脇に立つのだったがトラブルに見舞われお客のひとりを殺し、被害者のお金を奪って逃走する。そして彼女はセルビーのために殺人を繰り返していく。
--------------------------------------------------------------------------------
<感想> 評価 ★3
実話をベースにしているのでとても重い。 私が思うこの映画のポイントは2つ。1つ目は、アメリカの社会背景の中でアイリーンがどのように幼少期・思春期を過ごし、ナゼアメリカ初の女性連続殺人鬼が出来てしまったのか?その事実を見せること。2つ目はシャーリーズ・セロンが女優魂をこれでもか!と言わんばかりに見せつけているところだろう。13kg増量の肉体改造、特殊メイクに義歯をつけアイリーンのクセ、仕草で演じきっていた。アイリーン本人にそっくりである(※ ネットで検索し連続殺人犯:アイリーン・ウォーノスの画像を見ると驚くだろう) それに加え、シャーリーズ・セロンを引き立てるクリスティーナ・リッチの助演ぶり。(私は悪くないの。被害者なんだから)を前面に出した最低なオンナを見せつける。ワザとでなく本当にコイツの思考回路はそうなんだろなと思わせるあたりクリスティーナ・リッチの演技力に引き込まれてる証拠だろう。 ジャンル分けではミステリーらしいが違うだろう?と思う。ドキュメンタリーに近い迫力と現実感の2時間である。 幼少の頃に父親の友人にレイプされ続け、それを親に訴えても「ウソをつくな」と庇ってもらえず、その後も友情や愛情を求めるても誰からも愛されずレイプされる日々。彼女は生きるために娼婦となる。それしか生きる術がなかったのか?と問いたいけれどそれしかなかったんだなっと。アイリーンの人生は愚かで弱い。何とかできたろうよ?と思う。でも、それを自力で変えられない社会がある。例え生きる為だとしても殺人を犯してはイケナイ。わかってることだがそれをするしかなかったんだなと思ってしまう。人は生まれるところを選べない。人生を変えようと誰かを求めるけれどその相手にも恵まれなかったら・・・・アイリーンの人生は特別なんかじゃない気がした。  

 

 

 

 
MONSTERS,INC. *モンスターズ・インク*
2001年/米
Disnyアニメ

monstera.jpg
<STORY>
モンスターシティの貴重なエネルギー源は子供の悲鳴。悲鳴を集めるのが、モンスターズ社の仕事。
ある日、悲鳴獲得ポイントNo.1の怖がらせ屋サリーがモンスターシティに迷い込んだ人間の子供と出会ってしまう。
ディズニーファンタジーアドベンチャーCGアニメ。
<感想> 評価 ★5
悔しいけどディズニーはすごいぞ!「トイ・ストーリー」のスタッフの最新作がこれ。
CGのすばらしさが存分に発揮されています。子供だけでなく大人まで楽しめること間違いなし!
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。