映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
SALT  *ソルト*

2010年 / 米
監督:フィリップ・ノイス
CAST:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー
    キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー

salt.jpg

<STORY>
北朝鮮でスパイの嫌疑をかけられた経歴を持つCIAエージェントのイヴリン・ソルト。ある日、ロシアの諜報員オルロフが情報を持っているとCAI送られてくる。オルロフを尋問したソルト。オルロフは、「大統領を暗殺するために、ロシアからスパイが送り込まれる」と告白し、そのスパイの名はイヴリン・ソルトだと言う。ソルトは「これは誰かの罠よ。夫に会わせて!」と懇願するも、同僚であるCIAから追われる身となる。逃亡するソルトは金髪を黒髪に染めて変装しながら厳重な警備の中、アメリカ副大統領の葬儀会場に現れ、ロシアの副大統領を殺害する。が、何かがおかしい・・・。彼女の正体は?そして、真相は?

<感想> 評価 ★3.5
アクション作品だと思います。
Storyの軸がアメリカとロシアのスパイ、国家機密e.t.cなど少々難解な題材なのでそれを中心に見てしまうと矛盾があるのかも知れませんが、ハリウッドのアクション女優=アンジーの作品として見ると痛いシーンや、少々ハラハラするシーンもあって100分、飽きずに見れます。折しも、アメリカにロシアの美人スパイが潜入していたってニュースもありましたし、リアリティはおかげで出ましたよね。
元々トム・クルーズ主演で書かれた作品と言うことですが、アンジーで良かったように思います。

序盤から中盤は、アンジー演じるイヴリン・ソルトが疑惑どおりのロシアのスパイなのか、それともCAIの職員なのに逃げるから追われているのかがわからないように描かれています。見る側に、ソルトはどっち?と思わせる展開ですね。その後、ロシアのスパイだったと思わせておいて、違う行動を取ったりと二転三転します。ラストでは彼女の正体がわかるのですが、私が最初に怪しいと思った人物がスパイだったりして、(ほらね)などと騙されたり、見破ったりする楽しみがある展開です。
単純なアクション映画というだけでなく、一種のミステリー的な要素もあるかも知れませんね。しかし、現実の社会において、アメリカのみならず、いろんな国の中にスパイとして何十年も潜入し、国のためにスパイ行動をしている人がいるのかと思うと現実は恐ろしいと思いました。

 
スポンサーサイト

 

 

 

 
 VICKY CRISTINA BARCELONA *それでも恋するバルセロナ*
2008年/米・スペイン
監督:ウッディ・アレン
CAST:レベッカ・ホール、スカーレット・ヨハンソン
    ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス

20100310_1488585[1]
<STORY>
フィアンセのいるビッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすために、ビッキーの親戚が住むバルセロナに滞在する。そこで魅力的な画家フアン・アントニオに出会い、それぞれ彼に惹かれていく。ファン・アントニオはバツイチ。別れた妻であるマリア・エレーナは激しい気性を持つ美しい女性。マリア・エレーナも巻き込んでスペインの日々が始まる。
ペネロペ・クルスが第81回アカデミー助演女優賞を受賞。

<感想> 評価 ★3.5
冒頭に流れる「バルセロナ~♪」の音楽とスペインの町並み。オビエドの風景・・・それだけですっかりスペインの虜。
映画の内容よりも、スペインに恋をした状態。私の何かに共鳴するのか、スペインの空気感が心地よくてそれに酔って映画を観てしまいました。

映画の内容は、ウッディ・アレン監督作品らしくナレーションで話が進んでいきます。
キャスティングは問題なしです。好き嫌いはあるでしょうが、ハビエル・バルデムが大好きだし、ペネロペ・クルスはなんだかんだ言いながら魅力を感じます。生まれ変わるなら彼女のようになりたい(爆)
ヴィッキーは理性的で保守的ないわゆる良くいる常識的な女性。刺激的なことに惹かれる気持ちもあるけれど、常識を重んじるタイプ。一方クリスティーナはクリエイティブなものに惹かれるタイプで、いつも(何かを求め続けている)ような女性。映画は対照的なふたりを対比させていきます。そんな対照的なふたりが惹かれる男が同じファン・アントニオと言うのもおもしろい。いかにもスペインの男って感じのセクシーな彼が、あんな手法で(どんなだ)口説いてきたら、大抵の女性は旅先だってこともあってコロッといっちゃうと思うワケです。
私はどちらかと言うとヴィッキータイプだけど、クリスティーナが言う「望まないものはわかるけど、なにを望んでいるかはわからない」と言う気持ちはわかるなーっと。
これで終わったら、しょうもないメロドラマなところ、天才肌でとことんぶっ飛んでいるマリア・エレーナが登場するところからスパイスが効いた感じでおもしろくなります。
スバニッシュをまくし立てるペネロペ・クルスってセクシーで魅力的。
結局ラストはひと夏のスペインでの恋って設定になっているけれど、スペインに酔って楽しめました。あぁ~真夜中にスパニッシュギターを聴いてみたい。ワインを飲みながら~♪
 

 

 

 

 
HE'S JUST NOT THAT INTO YOU
  *そんな彼なら捨てちゃえば?*
 
2009年/米
監督:ケン・クワビス
CAST:ジニファー・グッドウィン、ジェニファー・アニストン、
    ドリュー・バリモア、ジェニファー・コネリー、
    スカーレット・ヨハンソン、ベン・アフレック
    ジャスティン・ロング、ケヴィン・コナリー、
    クリス・クリストファーソン、ブラッドリー・クーパー

20100122_1406491[1]
<STORY>
同じ会社に勤めるジジ、ベス、ジャニーン。彼女たちはそれぞれの状況でそれぞれの恋の悩みを抱えていた。
ジジは何度失恋してもポジティブ。デートする男性にすぐに惹かれるが相手からの電話はなし。それを都合よく理解しようとするジジに、レストラン経営者のアレックスは「それは恋の駆け引きじゃなく、単にキミに興味がないだけだ」と一刀両断にされてしまう。
一方、恋人のニールと同棲7年目。いい関係ではあるが「結婚」と言う形が欲しいベス。しかしニールは結婚という形に囚われることを嫌がる。そんな彼にとうとう見切りをつけ、別れを宣言する。
唯一の既婚者であるジャニーンは、新居の完成が間近で結婚生活も順調かに思われたが、ある時、夫のベンの浮気が発覚してしまう。こうしてそれぞれの岐路に立たされた彼女たちは、最高のパートナーを求めて男のホンネに向き合い、幸せへの道を模索していく。

<感想> 評価 ★3.5
キャストが豪華。
簡単に説明すると、いろんなカップルがいて、いろんな出会いがあると言う「大人の群像劇」になっています。
私はどのキャストとも感情を同じに出来なかったので淡々と見てしまったけれど、アメリカではベストセラーになった小説だけあって、ジジやベス、ジャニーンは友だちにもいそうな女性たちだし、悩んでいそうな事柄を抱えているのでリアリティーがあります。
大きく分けると3つのカップルの話になります。
ジジとアレックス。ベスとニール。そしてジャニーンとベン。
ストーリーとして好きだったのはベスとニールかな?
「結婚」と言う形にこだわらなくてもパートナーといい関係は結べるけれど、
アラフォー(40歳前後)になると信じていた相手に突然去られる痛手を受けたくないと思う故に<安心>や<保険>が欲しくなる女性の心理をついているなーと。
映画的には、これだけの豪華キャストに比べ、内容やテンポが少々こぢんまりとまとまっちゃった感じは否めません。アラフォー世代がターゲットならば、もう少し毒気やウィットな部分が入っている方がインパクトがあったかな?と思います。
あと、毎回邦題には文句を言っていますが、この邦題はどうなんでしょ?
原題は「He's just not that into you」。
直訳すると「彼はあなたにそれほど夢中ではない」と言う感じですか?
原題は男性側が女性に言い放つ言葉ですよね?なのに邦題は女性友だちが恋に悩む女性に言い放つ言葉になっています。
映画の内容的には原題に近い設定なので邦題はしっくりきませんでした。
   

 

 

 

 
BEFORE THE KNOWS YOU'RE DEAD
 *その土曜日、7時58分* 
2007年/米
監督:シドニー・ルメット
CAST:フリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク
    マリサ・トメイ、アルバート・フィニー

20090831_1033895[1]
<STORY>
一見誰もがうらやむ優雅な暮らしをしているN.Yの会計士アンディは、離婚した元妻のもとにいる娘の養育費もまともに払えない弟ハンクを誘い、実の両親が営む宝石店へ強盗に入る計画をする。実行者は弟のハンク。しかし計画決行の土曜日、7時58分。事態は最悪な方向へと突き進んでしまう。

<感想> 評価 ★3.5

原題は「Before The Devil Knows You're Dead」(死んだのが悪魔に知られる前に)。
映画の冒頭でテロップが入ります。

一筋縄でいかない雰囲気のF.S.ホフマン。頼りないダメダメ男のイーサン・ホーク。
私がイーサンびいきと言うのも差し引いてもキャスティングがかなり効果を出していて、見応え十分な作品でした。
時間軸を前後入れ替えたり、登場人物によって違う視点で見せたりとプロットが凝っており、全てが「その土曜日、7時58分」へと繋がっていく流れに、それが悲劇だとわかっているのに本質を知りたくて期待と不安で胸がざわざわしながら見た。

そもそもの原点、アンディの持つ父への、弟へのコンプレックス・確執がいまひとつ理解できず残念だったけれどそれが悲劇のエンディングへと進んでいったワケだ。

重い映画だし、気楽に見れる映画ではないけれど、ひとつの手違いが引き起こす悲劇をジリジリと見せつけた素晴らしい1作と思う。








 

 

 

 

 
SAW *ソウ*
2004年/米
監督 :ジェームズ・ワン
原案・脚本:リー・ワネル
CAST:ケアリー・エルウェズ、ダニー・グローバー、
    モニカ・ポッター、リー・ワネル

saw.jpg
<STORY>
老朽化したバスルームで覚醒する2人の男、アダム(リー・ワネル)とゴードン(ケアリー・エルウェズ)。どちらも片足を太い鎖でパイプに繋がれ、身動きがとれない。部屋のほぼ中央には、頭部を撃ち抜いた死体が転がっている。全くの不可解な状況で彼らに与えられたのは、テープレコーダーとテープ、一発の弾丸、タバコ2本、携帯電話、2本のノコギリ。テープを再生すると、生き残りたければ、6時間以内に相手を殺さなくてはならないと告げる声が。いったい誰が何のために?そして、なぜ、彼ら2人なのか...。
<感想> 評価 ★4.5
映画のコピーは「セブンより怖い、CUBEよりおもしろい」だと言う。
雰囲気的にはコピーのごとく「CUBE」「SEVEN」「es」系列。好みの密室・猟奇殺人・錯乱状態。
この映画、オーストラリア出身のジェームズ・ワン監督と俳優であり原案・脚本を書いたリー・ワネルふたりが中心となり低予算映画で仕上げたと言う点では良くできているし、次作を期待できる作品だと思う。

以下ネタバレ含む為 注意


最初から最後まで漂う空気は<緊張感><錯乱←→狂気><死の恐怖>登場人物の全員が死の恐怖に囚われる。全て限界状況の異常な心理におかれている。
しかし疑問は残こる。なぜ、盗撮写真家のアダムが、ゲームの駒に選ばれたのか?また拉致される時に自室で見つけた腹話術の人形を見て恐怖に囚われ人形をたたきまくったり、死んでいたはずの死体のジョンが起きあがり素顔を見せた瞬間の驚きは「死んでいたはずの人が生きていた」だけの驚きでなかったように感じ、すっきりしないまま終わる。
最後に映画タイトル「Saw」について。見終わって知ったのだけれど名詞のジグゾーパズルの中の「jigsaw puzzle」かはたまた「saw(鋸)」の意味あろうと思っていたのだけれど、監督のインタビュー記事を見たところ、「see(見る)」の過去形「saw」だと言う。これだけでやられた!っと思ってしまった。    

 

 

 

 
SAW 2 *ソウ 2*
2005年/米
監督 :ダーレン・リン・バウズマン
製作総指揮:ジェームズ・ワン、リー・ワネル
CAST:トビン・ベル、 ティム・バード、ジョン・ファロン、
    フランキーG、エリック・ナドセン、
    ダイナ・メイヤー 

saw2.jpg
<STORY>
目覚めたら出口の無い館に閉じ込められていた8人の男女。彼らは何かの目的の為にジグソウに拉致された8人だった。ジグソウは言う「新しいゲームの始まりだ」と。ゲーム開始と共に遅効性の毒ガスが館内をめぐっていく。2時間以内にゲームに勝ち抜き、解毒剤入り注射器を手に入れないと死んでしまう。8人の男女は注射器を手に入れられるのか?一方、刑事エリックはジグソウを捕まえる。しかしジグソウはエリックと2人で話をすることを要求。監禁されている8人の中にエリックの息子がいた。驚愕するエリックは、ジグソウに詰め寄る。
<感想> 評価 ★4
スケールアップした【ソリッド・シチュエーション・スリラー】驚愕のエンディングが待ち受ける
1作目と雰囲気が違うのは監督が違うからだろう。前作の監督・原案・脚本のジェームズ・ワンとリー・ワネルは製作総指揮にまわった。と言うワケで前作のような斬新さは感じられなかったが100分でまとめあげているところや恐怖感が持続したままラストの衝撃まで持ってくるあたりはGood。「CUBE」のような雰囲気も漂っているのでこの手のスリラーが好きな人は必見!「SAW」を見てから「SAW2」を観る方がより楽しめると思う。
ネタバレしちゃうと楽しめない。最後に一言。「ジグソウは最前列で観るのがお好き」。


以下ネタバレ含む為 注意

前作に比べてシチュエーションが多数のトラップを仕込んである大きな屋敷だったので、Storyの進み方にやや強引さを感じて残念だったが許容範囲。トラップに次々ひっかかり、人間の神経が錯乱していく流れは「CUBE」的だがラストの息子の居場所については想像もしてなかったのでやられた。 前作を気に入った人の気持ちをくすぐるような例のバスルームが出てきたり、前作登場の人物が再登場するなど上手いつかみをしている。この作品でジグソウの後継者が登場したと言うことは・・・・「3」もありか? 

 

 

 

 
SAW 3 *ソウ3*
2006年/米
監督 :ダーレン・リン・バウズマン
製作総指揮:リー・ワネル、ジェームズ・ワン
CAST:アンガス・マクファーデン、ディナ・メイヤー、
    バハー・スーメク、ショウニー・スミス 

saw3.jpg
<STORY>
Storyは「SAW2」の結末から始まる・・・。バスルームに監禁され左足枷され助けを求め続ける刑事・エリック。しかし、彼の声は誰にも届かない。場面変わってある事件の現場検証に向かうケリー。今回の事件はジグソウの仕掛けのように見せているが手口が違うことに気付く。「ルール」が存在しないのだ。その夜、ケリーは自宅で何者かに襲撃され気付くと両手を鎖に縛られ、硫酸に入ったビーカーが目の前に。ビーカーの中の鍵を取り出し脱出せよとテープが流れる。
<感想> 評価 ★3
斬新なトリックと壮絶で残酷な描写でヒットしたソリッド・シチュエーション・スリラー「SAW」の第3弾。前作2作よりも、よりグロテスクにパワーアップ。前作との違いはStory性を持たせているところ。前作の謎やトリックについて説明しているので前作を見ていないと楽しめないだろう。3作品共に100分前後とコンパクトにまとめているところは評価出来る。

さて本作だが、のっけから直視出来ない映像で始まる。シリーズの中で1番残虐で残酷。前作までは「ナゼ?」「誰が?」と言う謎で最後まで引っ張り、鮮やかに騙すと言う手法だったが、今回はジグソウ・アマンダの存在がバレている以上、ナゼ事件を起こしたのかの説明が必要だったのかも知れない。前作と違ってStoryで押してきたワケだが私的には今更説明する必要などなかったと思った。
「SAW」は今注目のソリッド・シチュエーション・スリラーの先駆けとなった上、低予算で無名の監督・俳優起用で大ヒットした映画。観ているものを騙すトリックのすばらしさが光った作品だった。しかし、「3」はグロに偏ってしまった気がする。   

 

 

 

 
SAW 4  *ソウ 4*
2007年/米
監督 :ダーレン・リン・バウズマン
CAST:トビン・ベル、スコット・パターソン、
    ベッツイ・ラッセル、コスタス・マンディラー、
    リリク・ベント、アスィナ・カーカニス、
    コスタス・マンディロア 

saw4.jpg
<STORY>
ジグソウと弟子のアマンダが死に、ホフマン刑事はジグソウ最後のゲーム現場でパズルを解こうと必死になっていた。そのころ、ジグソウにかかわり、唯一生き残ったSWATのリグス指揮官が、新たなゲームに強制参加させられ、90分以内に罠をクリアしなければ旧友の命はないと告げられる。ゲームは始まった。
<感想> 評価 ★3.5
ソリッド・シチュエーションスリラーの先駆けとなった「SAW」シリーズの第4弾。
のっけから直視できないグロい映像の大放出!
ある臓器からあるものが出てくるんだけど、ぶっちゃけそのシーンを見逃してしまうほどに私は画面を見ていなかった(笑)

「4」は今までの事件も踏まえ、ジグソーと化す前のジョンと言う人間に焦点を当てている。
過去にゲームに参加させられた被害者の相関関係も見えてくるのだけれど、過去3作をしっかり憶えてなかったんで、(あれ?これ誰だっけ!?)と理解できないまま話が進み~と言う残念な部分も。
マジで理解されたい方は過去3作、きっちり押さえて観た方が本当の面白さ、驚きを味わえるだろう。
そんなワケで、過去3作に比べ、本作が1番理解しにくかった。と言うのも、時間軸のカラクリが複雑になっているからだ。
本来、「SAW」は限定された空間・限定された人物・限定された条件の中で、人が思いも寄らない事をやってしまい、どエライことになる・・・と言う驚きと人間の恐怖を感じるシリーズだったはず。さすがに「4」まで来ると、その設定ではムリと言うことなんだろう。
でも、冒頭の鎖に繋がれた男ふたりの設定なんかは、良くできていたと思う。
もちろん、機械仕掛けの処刑装置は「4」でも健在。
で、どうやら見終わった時にこれでゲームオーバーな空気を感じられなかった。
ジグソーもアマンダも死んではいるんだけど。
「5」あるんでしょうか?観るのかな?私(笑)
 

 

 

 

 
ZODIAC *ゾディアック 特別版*
2006年/米
監督 :デヴィッド・フィンチャー
CAST:ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ
    ロバート・ダウニー・Jr.、
    アンソニー・エドワーズ 

zodiac.jpg
<STORY>
1969年、ドライブ中のカップルが襲撃され、女性は死亡、男性も重症を負う事件が起こった。その1ヵ月後、新聞社に事件の犯人と思しき人物、後に“ゾディアック”と名乗る男から犯行を告白する手紙と暗号文が届けられる。告白文には「暗号文を新聞に載せないと大量殺人を決行する」という内容。暗号は新聞に掲載され、新聞記者のエイブリーや風刺漫画家のグレイスミスは“ゾディアック”の謎解きに並々ならぬ関心を見せていく…。
<感想> 評価 ★3.5
1969年に起こった現実の事件「ゾディアック事件」の映画化。
現実にあった事件、つまり事実を映画化しているため、演出された展開はない。逆に現実である分、意表をつく展開があったりするが、謎の部分が気持ちよく解決されなかったり、最後に決着がつかない面もありスッキリ感は薄い。(結局、この事件はいまだに未解決事件だし)
しかし、38年も前にアメリカ社会を巻き込む劇場型犯罪が起こったこと、「ゾディアック」を追うことで人生を狂わされていく4人の男の運命、犯人をほとんど追いつめておきながら決め手に欠き逮捕に至らなかった事実などゾディアックについてたっぷり2時間半で見せてくれる。サスペンス風に作ってはあるけれど、あくまでも時系列に並べるなど現実に忠実な作りなので多少の中だるみはあるし、淡々と進むシーンはあるものの、ラストの方は集めた情報が犯人に繋がっていく疾走感があり最後まで興味を持って見ることが出来た。
「ゾディアック事件」を私は知らずに見たが、知らなくても楽しめた作品である。事件を知っている人が見たら、また違う感想を得るかも知れないが。  

 

 

 

 
SWORDFISH *ソード・フィッシュ*
2001年/米
監督 :ドミニク・セノ
CAST:ジョン・トラボルタ、ヒュー・ジャックマン、
    ハル・ベリー

swordfish.jpg
<STORY>
かつて世界一のハッカーと恐れられたスタンリーはハッカーとして逮捕されて以降、隠遁生活を送っていた。そんなスタンリーの元に、謎の美女ジンジャーが訪れる。逮捕された事により、妻と離婚・娘にも会わせてもらえず、孤独に苦しむスタンリーは、ジンジャーの仕事を受ければ多額の謝礼が入る仕事だと強く依頼される。
その仕事とは、元エリート・スパイのガブリエル首謀による政府の闇資金95億ドルをコンピュータ回線を使って奪うと言うもの。
気乗りしないスタンリーだったが、否応なくその計画に巻き込まれていく
<感想> 評価 ★4.5
かなりおもしろくお薦め。
トラボルタが演じるガブリエルがインタビューされるシーンではじまる冒頭。ガブリエルがくさす。『今までのハリウッド映画は退屈だ。退屈じゃない物語を見せてやる』っと。
その後いきなり全てを吹き飛ばす爆破シーン。ワンシーン、スローモーションで飛ばされていく。
この冒頭は迫力満点。
一体、このシーンを撮るのにどれだけの金額を使ったのか?っと思う程。
ハッカーものは好き嫌いはあるだろうが、"どれが本当なのか?" "何が真実なのか?"が最後までわからない。
人をあざけて優位に立つガブリエルを際だたせるために
娘への愛のために自分の実力を信じて努力する人間らしいスタンリー。
対比させることでなおさらガブリエルの非人間性が際だった気がする。
オーストラリア出身のスタンリー役・ヒュー・ジャックマンは
"X-Men"がハリウッド初映画らしく、これが2作目。ヒューはハンサムで素敵だ。
彼はもっとどんな役ができるのか?そんな事に興味を持たせてくれる俳優である。 ここに本文を記入してください。
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。