映画レビューサイト 独断と偏見で映画の紹介と感想を書いています
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
THE BOX *運命のボタン*

2009年 / 米
監督:リチャード・ケリー
CAST:ジェームズ・マースデン、キャメロン・ディアス
    フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン

box.jpg
<STORY>
1976年12月16日、朝5時45分。ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅の玄関ベルが鳴る。妻のノーマが出ていくと、そこに人の姿はなく、真四角な箱だけが置かれていた。箱の中身は「赤いボタン付きの装置」。夕方、謎めいた男がノーマ宅を訪ね、「このボタンを押せば100万ドルを手に入れられるが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。考える猶予は24時間」と驚くべき提案を持ちかける。

<感想> 評価 ★3
またまたキャメロン・ディアス主演作品のレビューです。
プロットはいいんですよ、前半は非常に謎めいていて、作品に漂う空気も怪しげで引きつけられます。教師であるノーマがサルトルについて講義をしています。フランス哲学者のサルトルの言葉に「人間は自由という刑に処せられている」と言う思想があるそうなんですが、この作品では、(人の生死の重さでなくても、自分たちの行動は人の人生に関係しているのだ)と言う意味合いで使われており、この言葉がこの赤いボタンを押すのか押さないのかに関係してきて非常に興味をひく展開だったんですが、中盤~後半、作品の方向性がミステリーなのかSFなのか曖昧になりかけたところから完全に失速してしまいました。
惜しいなと思います。
過去作品の「ノウイング」と似ているガッカリ感。
夫のアーサー役は「魔法にかけられて」で時代錯誤なおバカな王子を演じたジェームズ・マースデン。こう言う役柄もシリアスにこなすんですねぇ。
ラスト、次の選ばれしものがボタンを押したのに、ノーマとアーサーの運命がリセットされなかったことが残念でした。



 
スポンサーサイト

 

 

 

 
DID YOU HEAR ABOUT THE MORGANS?
 * 噂のモーガン夫妻 *


2009年/米
監督:マーク・ローレンス
CAST:ヒュー・グラント、サラ・ジェシカ・パーカー
   サム・エリオット、メアリー・スティーンバージェン

morgans.jpg
<STORY>
NYの一流弁護士であるポール・モーガンと雑誌の表紙を飾るほど人気の不動産会社社長のメリル・モーガン。誰もが羨むセレブなモーガン夫妻。しかし実状はポールの浮気が原因で夫婦は離婚の危機に直面していた。浮気をしてしまったが妻メリルを愛しているポール。どうにか夫婦仲を改善したいポールはメリルを食事に誘うが帰り道に偶然殺人を目撃し、あろうことか犯人に顔を見られてしまったセレブ夫妻。二人は証人保護プログラムによりNYとは正反対の弩田舎ワイオミング州レイで1週間を過ごすことに…。

<感想> 評価 ★3.5

ラブコメで、キャストがヒュー&ジェシカ。監督がM・ローレンスときたら、それなりに楽しめる作品のハズと言う想像どおり、安心して103分楽しめました。103分と言う時間もStoryも程良くて良い気分転換ができる作品です。
夫婦が口げんかするところなんか笑えます。
セレブ夫婦が自然しかないワイオミングの田舎町での暮らしを通し、関係を見直していくって良くある設定だけど、それが「証人保護プログラム」キッカケってのがおもしろい。
ワイオミングにある「バーゲンバーン」と言う激安倉庫売りのお店(イメージはコストコ)で3枚9ドル程度のセーターを見て「信じられない!」とはしゃいでるところがかわいかったです。
ラストも良かったです。
ハッピーエンドのラブコメはやっぱり好きです。
 

 

 

 

 
VIDOCQ *ヴィドック*
2001年/仏
監督 :ピトフ
CAST:ジェラール・ドバルデュー、ギョーム・カネ、
   イネス・サストレ


vidocq[1]
<STORY>18××年、フランス全土を揺るがせた狂気の連続殺人鬼、鏡の顔を持つ男。
街では「その鏡に映ったものは、必ず死ぬ」という噂が囁かれ、
遂に名探偵ヴィドック(ジェラール・ドバルデュー)が調査に乗り出す。
ところが突如、「ヴィドックが死んだ」という衝撃のニュースが街を駆け巡る!
その知らせを聞いた作家・エチエンヌは、犯人を探すために立ち上がる…。
--------------------------------------------------------------------------------

<感想> 評価 ★2"ヴッドック"は19世紀のフランスで活躍した実在の人物で、犯罪者から警察特務班のトップに上り詰めた人物。また、世界初の「私立探偵」という職業を始めた人物らしくフランスでは有名らしい。Storyは日本物で言うと明智小五郎か!?(笑)鏡の仮面をつけた連続殺人鬼をヴィドックが追いつめていくという単純なもの。私は全然犯人が想像つかなくて・・・ラストで(そぉ~言う展開なのねん)と言う感じだったのでそこそこおもしろかった(⌒▽⌒)
この映画、犯人が早々にわかったひとは・・おもしろくないのかもね?
映像もCGが多く用いられてた。
お勧めもしないけど、否定もしない作品。 

 

 

 

 

WATCHMEN *ウォッチメン*
2008年/米 R-15指定
監督:ザック・スナイダー
CAST:ジャッキー・アール・ヘイリー、パトリック・ウィルソン
    ビリー・クラダップ、マリン・アッカーマン
    マシュー・グード

20091201_1272723[1]
<STORY>
ケネディ暗殺事件、ベトナム戦争、キューバ危機…。かつて世界で起きた数々の事件の陰で、<監視者>たちがいた。彼らは人々を見守ってきたヒーローであり、“ウォッチメン”と呼ばれていた。そして今、一人の男が暗殺されたことからすべては始まった。殺害現場に残された血が付いたスマイル・バッジ。殺されたのはかつてのウォッチメンだった…。その事件を不審に思い、真相をかぎ回りはじめた“顔の無い謎の男”。彼が事件を追いかけていく先々で、かつてのヒーローが次々と殺されていく…。
<感想> 評価 ★2.5
あのぉ~、この作品はいったい何なんでしょうか?
私がこの映画のCMを見て感じた印象は「リーグ・オブ・レジェンド 時空を越えた戦い」のような昔しなつかしのアメコミヒーローが登場して問題解決!世界平和を救う!だと思っていました。なのに、内容はまったく違います!むしろ社会派風作品。
誤解を生むようなCMはやめてほしいもんです。
と、言うことで見始めた最初はR-15納得の過激なシーンで興味をひいてくれたものの、どんどん失速・・・おもしろくない、意味わからん・・・眠気に何度も襲われました。
けれども、じゃあ駄作か?と問われればそうでもなく、評価がとてもむずかしいです。
深いテーマがあって作品の世界観がわかったり、好きだったりすると楽しめるような気がするのです。
私はまったく理解できずに終わってしまいましたが。
映画には私の好きな俳優「あの頃ペニー・レインと」で惚れてしまったビリー・クラダップが出演していましたが、役柄がDrマンハッタンで、全身が青いだけで表情さえもわからない役柄だったので認識もできなかったです(爆)


 

>>>Read more

 

 

 

 
GOOD LUCK CHUCK *噂のアゲメンに恋をした!*
2007年/米 R-15
監督:マーク・ヘルフリッチ
CAST:ジェシカ・アルバ、デイン・クック、

20091222_1348267[1]
<STORY>
子どもの頃に同級生から“一生幸せになれない”呪いをかけられた歯科医師のチャーリー。しかし彼は女性たちから“幸運のお守り”と呼ばれていた。なぜならチャーリーの元カノは彼と別れた後、ことごとく運命の人と巡り逢っていたからだ。“チャーリーと一夜を共にすると幸せになれる”と噂が広がりモテモテ状態になるチャーリーだが、女性たちとの偽りの関係に心を痛めていく。そんな中、彼は結婚式で出会ったキャムに本気の恋に落ちて…。

<感想> 評価★3
セクシーラブコメ。
あまりのくだらなさに久々に爆笑しました。ここまでおバカも貫いたらおもしろいです。
天然キャラのキャムを演じるジェシカ・アルバがチャーミング♪
想像を裏切らない展開を見せるので気軽に見れます。
が!一緒に見る相手は選ぶ作品です。R-15だけあるsexシーンの連発。お下劣な言葉と行動e.t.c・・・恋人と見るにも夫婦で見るにもましてや子供と見るのもそれなりの覚悟がいると思われます(笑)
個人的には(あり)な作品ではありますが、チャーリーの親友:シチュの見た目と発言がとにかく下品。コレがなきゃもっと好印象だったかな。
   

 

 

 

 
WILLOW *ウィロー*
1988年/米
監督 :ロン・ハワード
CAST:ヴァル・キルマー、ワーウィック・ディヴィス、
    ジョアンヌ・ウォーリー・キルマー

20090607_751954.jpg
<STORY>
ある日、ホビット族(?)のウィローは、いかだに乗せられた人間の赤ん坊を拾う。村の長老は、ウィローに赤ん坊を持ち主の元まで帰すための旅に出るように告げた。しかしその赤ん坊は、悪の魔女バブモーダが血眼になって捜している、いけにえのための王女であった。そしてウィローは赤ん坊を巡る戦いの渦中へ。
<感想> 評価 ★3.5
私が19歳の時に3度も映画館へ見に行った作品。
今ではR.P.G系の映画は当たり前で、2002,2003,2004年のヒットと言えば「ハリー・ポッター」シリーズや「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズだけれど、この「ウィロー」はその先駆けと言えるだろうと思う。
改めてこの映画を観ると、ジョージ・ルーカス総指揮の割にはCGはつたないと思うけれど、15年前の作品にしては相当のできなのではないだろうかと思う。
STORYも愛がたくさん溢れていて、ラストシーンはジーンとする。子供への愛、妻への愛、恋人への愛、友情・・・子供も楽しめる作品なので、ぜひ!
我が家も今回は小5の息子と一緒に楽しみました♪  

 

 

 

 
THE WEDDING PLANNER *ウェディング・プランナー*
2001年/米 監督 :アダム・シャンクマン
CAST:ジェニファー・ロペス、マシュー・マコノヒー、
    ブリジット・ウィルソン、ジャスティン・テンバース

weddingplanner[1]
<STORY>
メアリー(ジェニファー・ロペス)は結婚式をコーディネートするウェディング・プランナー。 社長令嬢の娘フラン(ブリジット・ウィルソン)の結婚式の大型契約も取り、会社の共同経営者にもなれそうだ。そんな中、ある日出会った小児科医のスティーブ(マシュー・マコノヒー)にメアリーは一目惚れ。しかし、彼はフランの婚約者だった。一方、なかなか結婚しないメアリーに業を煮やした父親は、幼なじみを結婚相手として引っ張り込んで、複雑な四角関係に……。

<感想> 評価 ★2
ロマンス映画。軽く見れてそれだけ~。収穫と言えばジェニファー・ロペスって意外と魅力的な女性だったんだな~と言うことぐらい!?(爆)結構好きな俳優:マシュー・マコノヒーも、ど~だかなぁ~だ。まぁ、彼はU-571よりもこう言うロマンス映画の方が向いてる気がしないでもないけど・・ 

 

 

 

 

THE WEATHER MAN *ウェザーマン*
2005年/米
監督 :ゴア・ヴァービンスキー
CAST:ニコラス・ケイジ、マイケル・ケイン、ホープ・ディヴィス
    ニコラス・ホルト、マイケル・リスポリ、ギル・ベローズ

weather_man.jpg
<STORY>
地元シカゴのローカル・テレビ局で活躍するお天気キャスター、デイヴ。順調な仕事とは裏腹に、私生活では妻と別れ、子どもたちもそれぞれに問題を抱え、有名作家の父親との関係もギクシャクと悩み多き日々だった。
<感想> 評価 ★3.5
期待せずに観たのが良かったのか予想外にほろっときたコメディタッチのヒューマンドラマ。
ニコラス・ケイジは今回のようなダメ男を演じさせても、「ナショナル・トレジャー」的アクションをさせても「ワールド・トレードセンター」のような実話をさせてもケイジカラーのキャラを見事に演じ、期待を大きく裏切ることはない。
この作品、ニコラス演じるディヴが冒頭からとにかくツイてない。一言で言うと究極に「間が悪い」ヤツである。妻と修復したくていたずらをしたら裏目に出る、いいパパを演じたくて娘と出かけてケガをさせるe.t.c。見ているとイライラするような男なのだが、彼もまた、有名作家の父親にいまだにコンプレックスを持っていた。そのコンプレックスの根源、父親を演じるマイケル・ケインがとてもいい存在感で映画を引き締めている。
人生は本当に思い描くようにはイカないもの。何かを得たら、何かを失うそんなプラマイゼロなところがあるなと最近の私は思っていて、この作品もそんな感じ。どんなにイヤなことがあってもここに生き、逃げるワケにはいかなくて、嘆いて生きるより、今ここにある人生を受け止めて、生きていこうと言うメッセージを感じた。

 

 

 

 

 
WELCOME HEVEN *ウェルカム!ヘヴン*
2001年/スペイン・仏・伊
監督 :アグスティン・ディアス・ヤネス
CAST:ビクトリア・アブリル、ペネロペ・クルス、デミアン・ビチル
    ガエル・ガルシア・ベルナル

welcome_heven.jpg
<STORY>BR>地上で暴力や犯罪が多発している現在、天国では昇ってくる魂が激減し、破産の危機に直面していた。一方、地獄は堕ちてくる魂が急増し、過密状態が続いている。そんな中、天国に起死回生のチャンスが訪れる。天国の作戦本部長マリーナのもとに、地上の女性から“ボクサーである息子マニの魂を救って欲しい”との願いが届いた。早速天国一のクラブ歌手ロラをマニの妻に成りすます使者として地上に送り込む。地獄も負けじと作戦本部長ダヴェンポートが、囚人相手のウエイトレスをしているカルメンをマニの従姉妹として送り込むのだったが…。
<感想> 評価 ★3
最初は(意味がわからんしおもしろくなさそう)感が否めず最後まで観る自信を失いそうだったが、あらすじを理解してからは急におもしろくなってきた。ぜひ、あらすじを知ってから観ることをお薦めする。どうしてもつきつめて考えていくと辻褄が合わない部分も多い(天国に必要なのがマニの魂である理由がわからないなど)がそこはご愛敬だろう。
天国の母国語をフランス語、地獄は英語(ココが笑える)、地上はスペイン語と言語や画質(映像のカラー)を変えて状況を見せているところは面白いしアイデアだと思った。
ラストで笑えるネタバレ的どんでん返しがあり。  

 

 

 

 

UNFAITHFUL *運命の女*
2002年/米
監督 :エイドリアン・ライン
CAST:リチャード・ギア、ダイアン・レイン
    オリヴィエ・マルティネス

unfaithful[1]
<STORY>
NY郊外で暮らすエドワード一家は、平凡だが幸せな毎日を送っていた。ある日、妻のコニーは偶然に若者ポール出会う。出会った瞬間から惹かれあるふたりは関係を持つようになってしまう。

<感想> 評価 ★ 3.5
罪悪感にさいなまれながら関係を止められない女の心情をダイアン・レインが好演。また、女性にモテるジゴロ系の役の多いリチャード・ギアが今までとは真逆の妻の浮気に心乱れ、翻弄される男を演じているのが新鮮だった。



unfaithful2.jpg
映画の展開的には、前半の2/3と後半の1/3は全然違う展開になっている。
結末は、これしかないかな?いった納得と、切なくも深い余韻のある終わり方なので印象は悪くない映画ではあった。

不倫相手のポールを演じるオリヴィエ・マルティネスは
フランス系の新人俳優。
セクシーフェロモンむんむん♪(左photo)
私は結構好みだったりするので
Storyとは別にオリヴィエを知っただけでも収穫あり♪

 

 

 

 

 
MAR ADENTRO  *海を飛ぶ夢*
2004年/スペイン
監督:アレハンドロ・アメナバール
CAST:ハビエル・バムデル、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、
    マベル・リベナ、セルソ・ブガーリョ 
sea_inside.jpg
<STORY>
スペイン、ラ・コルーニャの海で育ったラモン・サンペドロは25歳の時、岩場から引き潮の海へダイブした際に海底で頭部を強打、首から下が完全に麻痺してしまう。以来、兄家族に支えられながらも、ベッドの上で余生を過ごさなければならなくなったラモン。彼にできるのは、部屋の窓から外を眺め、想像の世界で自由に空を飛ぶことと、詩をしたためることだけ。やがて事故から20数年が経ち、彼はついに重大な決断を下す。
それは自ら人生に終止符を打つことで、本当の生と自由を獲得するという「尊厳死」だった。

<感想> 評価 ★4.5
実在の人物ラモン・サンペドロの詩集「レターズ・フロム・ヘル」をベースにスペイン監督:アレハンドロ・アメナバールが素晴らしい作品として仕上げてくれました。
ほんと素晴らしい作品です。
心を震わせるほど感動したのに、レビューを上手く書けません。それは、どんな表現を使っても安っぽくなってしまうような気がするからです。
実在の人物:ラモンがどんな人だったかはわかりませんが、映画の中のラモンは、首から下が麻痺しているのに、シャレを忘れない、笑顔がチャーミングで、頭脳明晰。感受性が鋭く、人間の深みを感じさせる人物でした。
それはラモンを演じたハビエル・バルデムの魅力もきっと加味されているんだと思います。
基本テーマが「尊厳死」なので、重く、堅苦しい作品のように思うけれど、映画の中にはユーモアが溢れ、愛が溢れています。お涙頂戴ものに作られていないところも素敵です。
ハビエル・バルデムは老けメイクでラモンを演じました。どこから見ても50代にしか見えません。
またひとつ好きな作品にスペイン映画が加わりました。  

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Cinemaの箱 nagi style, all rights reserved.

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

nagi

Author:nagi
映画blogをつけたくて何だかんだ流れ流れて
ココに戻って来ました。
ずっと自分記録として続けて残したいなと思います♪

関西人:nagi
* 好き *
映画、海外ドラマ、劇団四季、
阪神タイガース、エアロ、ヨガ
ベリーダンス、PC

* きらい *
レバー類




日々のこと  

http://nagiym.jugem.cc/


映画ブログ  

http://ring-bird.jugem.jp/


読書ブログ  

http://nagi-ring.jimdo.com/


ホームページ 

http://nagi-ring.jimdo.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。